FC2ブログ

YP250 Majesty 遂に直ったか?

エンジンが冷えている時はアクセルのツキが悪く、エンジンが温まるとアイドリングが爆上がりする我が血迷い号ことマジェスティ250。

アイドリングの問題は、前オーナーのアイドルアジャストスクリューの組付けミスが原因だった事が判明した。
今までエンジンはセル1発で始動、少しアイドリングさせているとオートチョークが戻り回転が落ちる・・・
・・・という一連の流れは、実はガスが濃いのでセル1発で始動、オートチョークが作動しガスが更に濃くなってプラグがカブって回転が落ちる。
プラグの煤が燃えるまでアクセルのツキが悪く、プラグがキレイになったらアイドリングが上がる・・・
という事だったようだ。

とりあえずアイドリングでガスが濃い問題はコレで治った(はず)。
後は何故かリザーバーから吹き出したクーラント、コレを何とかしなければ。
パーツリストで問題のエアスクリューを見てみると、ただのスクリューとしか表記されてない。
誤植?いや待て、そんなハズはないだろう。

パーツリストでエアスクリューを探してみたら・・・
あった!全然違う場所に(笑)
じゃあ今までエアスクリューだと思っていたスクリューは何だ?
上記の通り、パーツリストにはスクリューとしか表記されてない。
ネットで色々と調べてみたら、
「クーラントの交換をした際は、必ずキャブ横に付いているエア抜きバルブを緩めてエア抜きを・・・」という記事を見つけた。
画像を検索してみたら、例のスクリューだった。
つまり、このキャブはキャブヒーターが付いていて、自分がエアスクリューだと思って緩めたのは、キャブ側のエア抜きバルブ。
リザーバーから噴き出したと思っていたクーラントは、このエア抜きバルブのブリーザーパイプからのものだった。アホくさ(笑)

ラジエターにクーラントを補充し
(リザーバーに補充するのを忘れた事を、今コレ書いてて思い出した)、コレで走行するに当たっての問題は解決した筈。

とりあえず留萌に必要火急の用事があった気がしたので、試走がてら留萌まで海岸線オロロンラインを走ってきた。

97108435_1720119048127855_77441240382403898368_n.jpg

96587895_1718121134994313_7076766718256742400_n.jpg

アイドリングは安定しスムーズ、アクセルのツキも問題なく、今までよりトルク感があり、上り坂での加速が気持ちいい。
留萌からの帰りは高速を使い、酷い向かい風の中、最高速を試して見たが、今までより10km程伸びる様になった。
ただ、途中秩父別のパーキングで休憩した際、アイドリングでズリズリと前に出る症状が再発したが、その後走っているうちに消えた。
今までこのマジェスティが経験した事の無い遠心力でクラッチが押し付けられた為、リターンスプリングの戻りが一時的に悪くなったのだろうと、楽天的に考える事にした。
実際、その後もアイドリングは安定したままだし、水温も安定している。
次の問題が発生するまで、現状維持で行こうと思う。

・・・あ、まだベルトの状態を確認していなかった。
プーリーとクラッチも・・・。

カバー開けたらまた問題を発見しそうだなぁ。
スポンサーサイト



テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぢょぬぃ

Author:ぢょぬぃ
蝦夷鐵馬會のぢょぬぃです。
北海道は札幌市近郊の田舎町から、超不定期更新で気の向くままにいい加減な内容を発信しております。
どうぞヨロシク。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1684位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
816位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
ぽちっとな

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR