FC2ブログ

YP250 Majesty 所謂ビクスクに乗ってみて気付いた事

今までビッグスクーターなんて乗ったこと無かったけど、血迷い号に乗ってみて気付いた事。

①以外に横風に弱い
車体がデカいのにパワーが無いから横風に負けるのか、本来タンクやエンジンのある場所が素通しなので風の流速が上がるからなのか不明だが、以前風の強い日、コーナリング中に斜め後方から強い風を受けた際、車体が起き上がってアウト側の側溝に一直線って事があった。巨大なスクリーンが帆の役となったのか、とにかく驚いた。

②以外に寒い
足を前に投げ出す、所謂フォワードコントロールスタイルのポジションの為、ブーツ履いててもズボンの裾から風が入ってきて、コレが意外に寒い。
それに加え、股の間にエンジンがないってのも原因の一つだろう。夏場は迷惑なエンジンからの熱気が、まだ寒い今時期は恋しくなる。

③以外に風切り音がウルサイ
ビッグスクーターという乗り物の性格上、きっと静かなのだろうと思い込んでいたが、風切り音がかなりウルサイ。
最もコレはメットとの相性もあるようで、ボクの手持ちのメットでは、ショウエイがほぼ同色のシルバーなので、血迷い号に乗る時はショウエイを使いたいのだが、コレが絶望的な風切り音でマジで頭痛がしてくるレベル。ビクスク乗りの多くがショートスクリーンに交換して乗ってるのは、コレが理由の一つなのではとか考えてしまう。ただし、多少の雨程度では、走っている限りメットから下は殆ど濡れない。

①は構造上どうにもできないし、②は足元を工夫すればどうにかなる。
③は長距離で疲れの原因になるので何とかしたい。

で、風との摩擦で車体に帯電した静電気を放電させ、風が車体上をスムーズに流れる事で空気抵抗を低減させ、風切り音を低減させようと思いついた。
所謂、トヨタが国際特許を取得したアルミテープチューンだ。
チームの仲間は皆バカにしてくれるけど、実際に試してみたN-ONEやZZRでは、燃費の面でハッキリと効果を確認済みだ。

今回は風切り音の低減が目的なので、吸気系は無視して車体前面を中心に、カウルやスクリーンの裏にアルミテープをぺたぺたと施工。
早速、通勤で走ってみた。

結果、風切り音の低減は確認できず(笑)
厳密に言えば、ほんの僅かに静かになったが、完全に
「気のせい」レベル。
その内、エーモンの静音計画を買って改めて施工しよう。
失意の中、給油して燃費を確認したら・・・・

リッター当たり38km!

いきなりリッター5kmも伸びてた。
確かに、N-ONEもZZRも、アルミテープチューンの効果は燃費に現れたんだった。
喜んで良いんだろうが、なんか複雑・・・

95846306_17091617292556364_891834563710441274880_n.jpg
スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぢょぬぃ

Author:ぢょぬぃ
蝦夷鐵馬會のぢょぬぃです。
北海道は札幌市近郊の田舎町から、超不定期更新で気の向くままにいい加減な内容を発信しております。
どうぞヨロシク。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1684位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
816位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
ぽちっとな

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR