上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頼んでいたバッテリーが届いた。
台湾ユアサ製だが、台湾製品は品質的に信頼が置けると思ってのチョイスだ。
もっとも、一番大きな決め手は価格なのだが(笑)

IMG_6011.jpg


ところが、箱を開けてみて、バッテリーの底面を見て、(゚o゚;ビックリ
なんじゃこりゃ?どう見たって新品とは思えない。

IMG_6019.jpg

購入先の㈱アイネットさんに問い合わせしてみたが、コレ、間違いなく新品だとの事。
ホントかなぁ?
まぁ、性能的に問題なけりゃ、底面なんて気にしないけどね。


「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「


エンジンオイルは当初純正を入れるつもりだったけど、1回めのオイルはフラッシングと考えて、極力安いオイルを選んだ。
聞いたこともないブランドだけど、カブだから大丈夫だろう。

004_20160412105536c3c.jpg


エンジンオイルを新品に換え、バッテリーを新品(?)に交換したにも関わらず、キーオンでニュートラルランプが点灯しない。
ウインカーも回転を上げないと点灯すらしない。
レギュレーターが逝ってるのか?はたまたバッテリーがやはりダメなのか?

原因がわからず、バッテリーボックスを呆然と眺めていたら、なんかある。
管ヒューズ?なんで今時管ヒューズ?しかもバッチリ切れてるし(笑)
コイツをスペアに替えたら、ニュートラルランプがキーオンで点灯するようになり、ウインカーも作動した。

.......なんかカブって現代のバイクと違い過ぎてよくわからん。
逆シフトだし、ウインカースィッチは右だし、しかも縦だし.......


手を付けていなかったホイールのメッキ部分のサビは、色々やってみたけど、スクレッパーで削り落とすのが一番手っ取り早く、
とりあえずの見た目はキレイになった。

038_2016041212515281f.jpg

034_201604121251517e8.jpg


で、最後の難関。
一つ問題が残ってた事をすっかり忘れていました。
ハンドルロック。
コレだけは前の鍵のままなので、施錠出来ない状態。

まず、外し方が分からない。

多分、ボルトを締め込んでからボルトのアタマを折り飛ばしてるんだと思うんだけど、コレはどうやって外せば良いんだろう?
タガネかポンチで叩き回すのか、マイナスの溝を掘って、インパクトドライバーで叩くのか?

最悪、以前の鍵のヘルメットホルダーがあるので、鍵屋さんに行って合鍵を作ってもらう事も考えたけど、メットホルダーとハンドルロックが同じ鍵だという確率は100%ではないし・・・


とりあえず、やってみるしか無い。
タガネとポンチを用意してチャレンジしてみた。

004_20160412125605f39.jpg

 
ネジのアタマにタガネを当てて、コンコンガンガンと叩く。
やったことのない作業なので力加減がわからないが、何となく回っている気が.........

やってる内に、ネジがちゃんと回っている事に気付く。何とか行けそうだ。
だが、途中から全く回らなくなった。
多分、回り始めたことに勇気付けられ、力加減やタガネの角度が狂ったのだろう、なんと苦闘1時間弱。
ネジザウルスで回せそうな位までアタマが出てきた。

IMG_6257.jpg

ネジザウルスで摘んで回すと、やっと1個目が外れた。

2個目はコツを掴んだ様で、15分位で外す事が出来た。
後はヤフオクで新しいキーセットを落札して、春になったら登録して、ナンバーを貰えば完了だ。




とりあえず、前オーナーに見捨てられ、廃棄処分されるはずだったリトルカブは復活を果たし、また走り出せる事となった。

今後は、ゆっくりと少しずつ手を加えていこうと思う。



最後まで読んでくれた方は、
ついでにポチッとお願い致します⇒⇒⇒FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。