上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
着々と外装がリフレッシュされていく我がリトルカブ。
でもそろそろ、エンジンを掛けてみたい。

という事で、まずはガソリンの入手。
ボクの持ってる携行缶は20リットルだし、ガレージの奥は3台のバイクを押し込めているので、棚の奥から携行缶を出すのが億劫。ちょうどリトルカブのタンクを外しているので、コイツを持ってスタンドへ行ったんだが、コレじゃダメらしい。
それではとコールマンのホワイトガス用の1リッターの空き缶を持って行ったが、これもダメ。
結局、ガレージの奥から携行缶を引っぱり出す羽目に。

ともあれ、ガソリンは無事に入手出来た。
早速、キャブの取り外しに掛かろう。


実は今までエンジンに手を付けなかったのは、別の理由も有った。

寒いのだ。

今まで、ガレージの中での作業は、当然ストーブ全開で焚いていたが、それでも寒い。

044_201603161058474bf.jpg

室内温度は0℃を上回る事がない。
とてもじゃないがガレージに長時間篭っての作業は出来ないでいた。
なので、今冬は小型のジェットヒーターの導入を目論み、ヤフオクで目ぼしいブツを見つけては入札していたのだが、尽く予算オーバーで入手できずにいた。

この事をFacebookでボヤいていたら、神降臨(笑)
以前より友人をさせていただいており、当ブログでもリンクさせていただいている角煮のTsuyoshiさんが、使ってないのが有るからと、わざわざボクの会社まで持ってきて下さったのだ。

046_201603161058463fd.jpg

これによりガレージ環境は一変した。
いくらストーブを焚きっぱにしても0℃以上にはならなかったのに、ジェットヒーターを点けるとこの通り。

045_2016031610584989b.jpg

あっという間に10℃を超え、窓を開けていても13~15℃をキープ出来る様になった。
北海道人であれば、15℃といえば初夏の陽気(笑)
ジャンパー着てると暑いので、上着脱いで作業ができます。
角煮のTsuyoshiさん、本当にありがとうございます。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

キャブレターを外すには、エアクリーナーを外さなきゃならないんだが、コレにえらく時間を取られた。
ボックスからエアクリエレメントを外すのも。
なんか設計的に間違ってんじゃないのコレ(笑)
やり方も悪いんだろうが、先にキャブ外さないとエアクリが取れないとは.....
なんか外し方のコツあるんだろうけど、エアクリはとっとと社外品に変えてしまった方が良いかな?

086_20160316105850e5d.jpg

051_20160316131209d59.jpg

049_20160316131212100.jpg



ともあれエアエレメントはキレイだったのでエア吹いて終了。


キャブは以外にもと言うか思った通りと言うか、結構キレイで拍子抜け。

042_20160316131406b60.jpg

047_20160316131210a79.jpg

当たり前だが、すべてのパーツが小さい。
スロットルバルブの細さは笑っちゃった。
フロートバルブの小ささは、老眼の身には辛い程。

今日のメイン作業のつもりだったが、各ジェット類にざっとクリーナー吹いて閉じちゃった。


オイルはかなりキレイだが、きっとエンジン掛けたら真っ黒になるだろうな。
プラグはかなり燻り気味。

12662004_655964354543335_5815299064496552082_n.jpg

041_20160316131404645.jpg

コレは走ってる内に綺麗になりそうなので、カーボンを軽く落として装着。
昨日、せっかく2りんかん行ったんだから、買ってくれば良かったなぁ。
オイルも買い忘れるし、一体何しに行ったのやら......


キャブとエアクリを取り付け、タンクを付けて1リッターほど給油、スッカラカンに上がってるバッテリーを取り付け、チョークを引いて2~3回キックしたら、ポコポコとエンジンが掛かった。


暫く暖気して様子を見る。
アイドリングは安定しているし、フケも悪く無い。エンジンに特に問題はなさそうだ。
良かった。エンジンが終わってる可能性も考慮し、確認できるまではバッテリー買うの控えてたのだ。
早速バッテリーを発注しよう。


最後まで読んでくれた方は、
ついでにポチッとお願い致します⇒⇒⇒FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。