FC2ブログ

リトルカブ再生記 その2

ヤフオクでリトルカブのキーとキーシリンダー、タンクキャップ、ヘルメットホルダーの3点セットを3,000円で落札した。


相場を知らないから、その時出品されてた中で一番安いモノを落札したのだが、落札後に、相場的にもっと安い(桁が違った)事を知ってしまった(泣)

rmt104-img600x465-1452516570pyqtqw30734.jpg

rmt104-img600x389-1452516570rbloxe30734.jpg

しかも、本当なら4点セットじゃないとダメじゃん!ハンドルロックの存在をすっかり忘れてたよ.......
いずれ、良い物が見つかったら再度落札して、暫くは今回のモノで凌ぐしかない。
それにしても、高い買い物だったなぁ。



「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

真っ先に確認したかったのは、タンク内部の状態なのだが、キーがないのでタンクのキャップを外せない。
外すにはキャップの鍵穴をドリルで破壊するしか手がないのだが、何故かそのドリルが見当たらない。
それほど広い訳ではないガレージなのだが、どこに仕舞ったのだろう?


しょうがないので、電動ドライバーでアタックする事に。


落札したタンクキャップを見ると、鍵穴のフタの直下辺りに、キャップの回り止めがある。
なので、ここを破壊すればイケる筈.......と思ったが。全然ダメ。回らない。なので、鍵穴自体を破壊することにした。
切り粉をタンク内に落とすと厄介だから慎重に..........と思って作業したが、鍵穴を殆ど破壊し尽くしても、キャップは一向に回ってくれない。
もう1時間近くやってるぞ、と思ったら、だんだんと腹が立ってきた。その時、ドリルの刃が折れた(笑)
ぷちキレして、タンクを壊す覚悟でキャップを上方向にこじってみたら、あっけなく外れた(笑)
どうしてソレで外れたのかは、今、思い出しても何故だかわからない(笑)

022_20160131222233bd0.jpg

ともあれ、キャップを外すことが出来た。

恐る恐る中を覗くと........

070_201602122336219e7.jpg


画像では見えないが、あれだけ気をつけたつもりだったのに、ドリルで削った切り粉が山のようにタンク内に落ちてる事を除けば、予想に反して非常にキレイで、サビ1つ無い。
覚悟していたタンク内のサビ落としはしなくて済んだが、この切り粉はどうしようかなぁ~と、暫く考えて閃いた。

掃除機で吸い取ってしまおう。
ガレージには、ワラジムシ対策でハンデイ掃除機を常備している。ガレージ内でワラジムシを発見したら、叫び声を上げながらコイツで吸い取るのだ(爆)
だってワラジムシ怖いんだもん.......
ヘタに手出しして殺しちゃったら、コイツラも大量に押し寄せてくるだろうし.......




7356eb21.jpg




小型の掃除機なので、ホースの太さはちょうどタンクに入る位だ。
コイツをタンク内に突っ込み、タンク内を満遍なく吸い取った。

そろそろイイだろうとタンクからホースを抜くと、ホースから何かの液体が垂れ落ちてきた。

身に覚えのあるニオイ.......まさかのガソリンだ!
迂闊だった。タンクの中はカラカラでも、ホースの中に少量の腐ったガソリンが残っており、ソレを掃除機で吸いだしてしまったのだ。

大慌てでストーブを消し、ガレージの窓を開ける。
幸いにも火災などは起きなかったが、本当に油断だった。ガレージ内は寒いので、ストーブのすぐ脇で作業していたのだ。
タンク内はスッカラカンだったので、ガソリンは完全に揮発しているものと思い込んでしまった。
大いに反省しよう.........


で、肝心のタンク内はというと


052_20160131222952b42.jpg

吸い出してしまったガソリンのせいで、余計に酷い事に.......
酸化したガソリンは、少し匂うがまだサラサラしており、多少粘っこいかなといった程度。
タンク内はキレイだったので、出来れば外さずにいたかったのだがしょうがない。
外して風呂場で内部洗浄しよう。

ガソリンコックはエンジン側にある。
ホースは上が通常、下がリザーブだ。
備忘録代わりの画像。因みに、通常のホースにはリブがあり、リザーブホースには赤い線が入っている。
コイツを抜くにも、ガッチリ固着しており結構大変だった。
タンクを留めているボルトは4本、シートのヒンジを外し、後ろ側の2本を外し、ガソリンホースをフレームに押し込みながらタンクを上方向に持ち上げればタンクを抜く事が出来る。
タンクを抜けば、メットホルダーの交換が出来る。

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「


キーシリンダーはハンドルカバーを外し、アクセル側の奥にあるコネクターを抜いて差し替えるだけ。

031_20160131222320d90.jpg

難なく装着。
バッテリーがダメなので、通電はキックして確認。一瞬ニュートラルランプが点灯するので、大丈夫だろう。

エンジンオイルを買い忘れたので、オイルは抜かず、状態のみ確認。
量は適正、汚れもない。

040_201601312226587fc.jpg

とは言え、酸化し切っているのは間違いないので、コイツは交換。
コイツは4stなので、いつも使ってる超高性能オイル、I PONEのストローク4でも奢ってやろうかとも思ったが、ホンダ車は油脂類への要求性能がシビアなのはクルマ屋の常識。
I PONEで問題が出るとは全く思っていないが、純正指定のホンダG1にしようかな。どこででも買えるしね。

因みに、ZOOMさんまで行ってストローク4を600cc買うのが恥ずかしい訳ではない(笑)

酸化したオイルを入れっぱにしとくのは精神衛生上良くないので、今はG1で凌いで、春になったら自走でZOOMに行って交換しよう。


最後まで読んでくれた方は、
ついでにポチッとお願い致します⇒⇒⇒FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぢょぬぃ

Author:ぢょぬぃ
蝦夷鐵馬會のぢょぬぃです。
北海道は札幌市近郊の田舎町から、超不定期更新で気の向くままにいい加減な内容を発信しております。
どうぞヨロシク。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
726位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
354位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
ぽちっとな

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR