上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日引き取ってきたリトルカブ。


とりあえず洗車してホコリを洗い流し、各部を見てみる。

・メッキ部分のサビは結構来てる。リアサスとマフラー、ホイールが酷い。何とかなるだろうか?
・ステップが左右とも曲がっている。大きくコケた訳ではなさそうだが、レッグシールドにもその痕跡を見ることができるが、割れはない。
・外装の黒ずみが目立つ。黄色だから尚更目立つ。
・スプロケットカバーにヒビがある。
・タイヤは全然摩耗していないが、かなり硬化していそうだが、ヒビ割れもない。エアは流石に抜けていたので、入れて様子を見る。
・バッテリーは当然ながら完全放電してる。ダメ元でトリクル充電してみたが、復活の見込はなさそう。
・キーがない。

エンジンは圧縮もあり、壊れてなさそうだが、タンク内がどんな状態なのかは、キーがないので確かめられない。
とりあえずはキーとキーシリンダー、ハンドルロック、メットホルダーの入手、外装の手入れだけで何とかなりそうだ。
レッグシールドを外し、落とし切れなかったホコリを払う。
フレーム周りは、ホコリを払ったら割とキレイだ。

046_201601312228342d7.jpg


プラスチック部品は塗装ではないので厄介そうだが.........

038_20160131222437703.jpg



気合を入れて花咲かGで磨くと、結構きれいになってきた。

068_201601312232552dd.jpg

061_2016013122312432a.jpg

コレに気を良くして、外装パーツは花咲かGで磨きまくる。
さすがにダメだろうと諦めていたフロントのエンブレムやライトのメッキ部分も、作業しているボク自身がびっくりするほどの輝きを取り戻した。

032_201601312223228da.jpg

063_20160131223128b05.jpg

その2へ続く。

最後まで読んでくれた方は、
ついでにポチッとお願い致します⇒⇒⇒FC2 Blog Ranking











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。