上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レギュレーターを交換して復活したTDRだったが、やっぱり中古のパーツ、製造から30年も経ってるだけあって、またパンクした。
しょうがない、新品を奢ってやろう。

TDRの純正レギュレーターは、どうやら不良品らしく、後に対策部品が供給されている。

007_20150815001130a1d.jpg

つうか、取り付け位置が悪い。
タンクとフレームの隙間でエンジンの直上、カウルで風がスポイルされる上に、ラジエターを通過した風が吹き込むであろう場所にあり、熱的にかなり厳しいと思われる。
ただでさえ熱を持つパーツなのに、風が当たるとは思えない。パンクするのも当然か?

006_20150815001129211.jpg

で、対策部品を......と思ったが、ノーマルと同形状。
なんか嫌な予感しかしない(笑)

少しでも放熱性のあるものを.......と思い、チョイスしたのがコレ。

008_2015112416534283e.jpg

ヒートシンク付きなので、今までより熱的には有利か?
でも、ノーマルよりヒートシンクの分、厚めだなぁ。ちゃんと付くんだろか?

実際に取り付けてみたが、取り付けの位置は同じだが、やっぱりフレームとヒートシンクの一部が干渉してしまった。

面倒くさいので2つある取り付けボルトの一つだけ締め付け、もう一本はフリーのままにした(笑)
暇な時に加工しよう。

018_2015112416541913b.jpg

とりあえずはコレで暫く大丈夫だろう。
コイツには雪が降るまでまだ活躍してもらわなきゃならないもんね~

........と思ったら、リアタイヤのカーカスが出てた(泣)
タイヤ買わなきゃ......

019_2015112416544730f.jpg


最後まで読んでくれた方は、
ついでにポチッとお願い致します⇒⇒⇒FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。