上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
確か昨年から放置していたTDRの左シリンダー、フランジ部分からの排気漏れ。
さすがにパワーダウンの兆候が顕著。
パーツも揃ったので、重い腰を上げた。

排気漏れの原因は、チャンバーステーの破断。
コイツは2枚の鉄板でゴムをサンドイッチしており、ゴムは鉄板に溶着されているのだが、どうもソレが弱いようで、ボクがこのTDRを手に入れてから、この部分が破断したのは2回目だ。
しかもこのステー、小さいくせに3,000円近い価格。しょっちゅう破断するんだから、もっと安くしてくれよ......

早速修理開始。まずはチャンバーを外すのだが、TDRのチャンバーはクロスしているのでちょっと面倒くさい。
チャンバーを外す際、チャンバー側にステーを残したままだとラジエターのコアを潰してしまう。
ボクはこの作業は2回目なので知っていたが、作業の最中にコアを潰した事に気付いた(笑)
ラジエターをずらしてチャンバーを外す。

051_20141206230502bd5.jpg

ついでに最近動きのおかしい水温計センサーを交換しようとしたが、予備パーツを使い切ってしまっていたので華麗にスルーした。
ガスケットを、グリスを糊代わりにして貼り付け、チャンバーを装着。ステーを新品に交換して、元通りに組み付け修理完了。
いつの間にか無くしていたリザーバータンクの蓋を取り付け、修理完了。

052_20141206230503532.jpg

早速試走してみると、当たり前だがとっても好調。パワー、トルク共に復活し、顕著だった6,000回転辺りのトルクの谷も解消した。

常に乗りっぱでロクにメンテもしないTDRだが、ここまで快調だと、思わず遠出したくなる。
やっぱ普段からちゃんとメンテしてやんなきゃダメだなぁと反省した。


最後まで読んでくれた方は、
ついでにポチッとお願い致します⇒⇒⇒FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。