FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOLF GTI PIRELLI ICE ASIMMETRICO(アイス・アシンメトリコ)装着

GTIのスタッドレスタイヤを新調してみた。

今まで使っていたのはミシュランのX-ICE。
雪道での性能はソコソコだが、雪のない舗装路での走行性能が良いのと、高速走行時の卓越した安定性がボクの用途に合致していた為、前車レガシィGTBの頃から、ここ10年程は、ミシュランを使い続けていた。

今回は、国産メーカーのスタッドレスでは最も高性能と評判の、DUNLOP ウインターマックスにするつもりでいたのだが、
クルマ屋である自分としては、お客様目線に立ち返って、高価な国産メーカーの最新スタッドレスと共に、安価でも性能の良いスタッドレスを見つけてお客様に提案するのも仕事の内と思い直した。

安価で性能も良いスタッドレスとなると、YOKOHAMA IG30やファルケンESPIA EPZ辺りになるのだが、それでも16~18インチクラスとなると10万コースだ。

アジアンメーカーのスタッドレスはどうか?
価格的には国産メーカーの最新スタッドレス価格の半額近くにまで落ちるのだが、その性能を疑問視する人や、アジアンメーカーというイメージを嫌う人も多い。
因みにハンコックは昨年からかな?日本専用スタッドレスを開発、販売しているが、性能的には国産メーカーのセカンドラインナップと比べても遜色ない(耐久性については未知数)のだが......

で、今回ボクが選んだのが、PIRELLI ICE ASIMMETRICO。
今年7月に発表されたばかりの新しいスタッドレスなので性能的には未知数だが、その分、製造年のバラツキの心配はいらない。
ピレリのスタッドレスは今までトーヨータイヤに委託して生産されていたが、このアシンメトリコはピレリ自社生産。
と言ってもピレリの中国工場での生産なので、その分価格は非常に安い。
日本で先行して走行テストした上での販売なので、性能的にも問題無さそう。
とまぁ、希望的観測を論って購入に踏み切った。

で、そのアシンメトリコ、見た目はなかなかカッコ良いパターンをしている。
ブリジストンのVRXに似てるかな?こんなところでも、日本を意識した事が伺える気がする。

20140905-20102206-carview-001-15-view.jpg

img_9504bf9c512a751f2988df33a06cfc5b184163.jpg

当然実物はこんなにキレイじゃない。
ゴムのバリは国産では考えられないレベルだし、ヒゲも、「なんじゃこりゃ」と思うほど太いのがあったり(笑)。
手で引っ張っても千切れないヒゲなんて初めて見たよ(笑)
ミシュランと比べて舗装路での印象は、コンフォート面では同等、コーナリングは、と言っても交差点をいくつか曲がっただけだが、やっぱミシュランと比べると少々腰砕けな感じはするが、比較対象のミシュランは雪道でも高速走行性能を重視した設計に加え、ボクのタイアはプラットホームまで1mm強程度に減ったタイヤである事を差し引いて考えれば、まるっと新品タイアとしては、かなり良いのでは?

今朝は朝から大量の雪が降ったので、慣らしもロクに終わっていないアシンメトリコの雪上テスト走行。
圧雪路での走行では、パワーを良く路面に伝えてくれ、好印象を受けた。
GTIの様なパワーのあるFF車だと、割とすぐにトラクションコントロールが介入するが、今日の路面では良くグリップしている。
ただ、舗装路では全く気にならなかった走行ノイズがかなり気になる。
コレは路面が荒れている所や、ブルやトラックのタイア跡をトレースすると発生する。
峠などで、はみ出し防止のため白線に横溝を掘って、踏めば音が出る様にしてある所があるが、あの横溝を踏んだ時と同質の音がする。
コレは、ある意味トレッドが柔らかいとか、タイヤの追従性が優れてるとかって事なんだろうけど、結構不快だ。
ブレーキはこんなもんかな?新品のスタッドレスならどれ履いてもこんな感じだろうが、個人的にはもう少し効いても良いかなと思う。
コーナリング。コレは非常に良いと思う。
誰でも冬道では横滑り分を見越してスピード調整し、ハンドルを切ると思うが、このタイアで ソレをすると、インに入り過ぎてしまう。
かなりクイックに向きを変え、その後も結構粘ってくれる。勿論最終的には破綻するが、フロント及びリアがブレークするタイミングが解りやすく、この特性は非常に気に入った。
ピレリのインフォメーションでは、『アイス・アシンメトリコは、クールなドライビング・エクスペリエンスと高度な安全性の完全なバランスを実現し、日本の厳しい冬のニーズに対応しています。本タイヤのキーワードは、ピレリのDNAである「パワーとコントロール」です。』と書かれている。

確かに、パワーとコントロールって表現にマッチしたタイアだと思う。
氷雪路面に対する安全性についても触れられているが、氷上性能は高いらしい。最もコレはまだ確かめようがないので、おいおいって事で。

現時点では、非常にコストパフォーマンスに優れたピレリ アイスアシンメトリコ。
国産タイアの半額に近い価格でこの性能ならば、良い選択と言えそうだ。



020_20141206133530d01.jpg
023_20141206133533abc.jpg

最後まで読んでくれた方は、
ついでにポチッとお願い致します⇒⇒⇒FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

テーマ : 愛車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぢょぬぃ

Author:ぢょぬぃ
蝦夷鐵馬會のぢょぬぃです。
北海道は札幌市近郊の田舎町から、超不定期更新で気の向くままにいい加減な内容を発信しております。
どうぞヨロシク。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
968位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
442位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
ぽちっとな

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。