上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれ?

ZZR1100

2014-04-01

 ボクのZZRには、所々にポジポリーニやポッシュのアルミボルトを使っている。

018_20121111192715.jpg  021_20121111192714.jpg 014_convert_20121108002257.jpg        35019031_444581423.jpg  35019031_3126380842.jpg      


強度のないボルトなんで、トルクをかけ過ぎるとすぐバカになるしナメるしで、コレに拘りがある訳でもないからステンレスに替えてもいいんだけど、飾りボルトやワッシャーと組み合わせるとそれなりにカッコよく見えるので、お高いパーツだけど愛用している。


で、先週の土曜日。1個無い事に気付いた。



002_convert_20140413204002.jpg 



003_convert_20140413213655.jpg 

ココは飾りボルトとワッシャーを組み合わせていたのだが..........


1回カウルを外すと2度と取り付けできないと揶揄されるZZRの例に漏れず、ボクのZZRもカウルの穴とフレーム側の穴が合わず、いつも取り付けには苦労してきた。

しかもココはカウル取付の要の場所で、ボルトの径も6mmと、他の場所より太くなっている。

タンクを外す必要のある整備の際はココを外すと整備性が良いので、勢いどうしても脱着の機会も多く、その際に油断するとボルトを斜めに入れてしまいがちだし、そうでなくとも常にボルトには横方向の応力が掛かっている状態なので、冬眠前にココだけステンレスに変更していたのだが...................



落としてしまったものはしょうがない。
某オートランドにボルトと飾りワッシャーを買いに行ったのだが、同じものが見つからなかった。


とりあえず手持ちの飾りワッシャーを付けて締め込んだのだが、締め込んでも全然トルクが掛からない。つうか、引っ張れば抜けてくる。
ボルトの経を間違えたと思い込もうとしたが、そんなはずが有る訳もない。
ステンレスボルトを締め込んだ際に、斜めにして入れてしまい、フレーム側のねじ山を潰してしまったらしい。


祈るような気持ちで、タップでねじ山を攫ってみたのだが後の祭り。
こりゃリコイルするしか無いなぁ。
リコイルのセットは持ってないんだよなぁ...........
ロックタイトで何とかならないかな? 





最後まで読んでくれた方は、
ついでにポチッとお願い致します⇒⇒⇒FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。