上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GTIのオイル交換はいつもディーラーで行っていたのだが、クルマ屋に異動して以降、さすがに他社に持ち込むわけにもいかず、さりとてフォルクスワーゲン純正オイルを自分の分だけ仕入れるって訳にもいかずで、ウチで扱っているオイルで唯一の化学合成油、ワコーズのプロステージ



を使っていた。

コイツは2輪4輪共用出来るし、何より信頼のブランド。VW純正(カストロール製らしい)より価格も適正(つうか、VW純正は500mlで1,300円。どう考えても高すぎる)

GTIの要求性能は10W-30なのだが、ワコーズの営業からは10W-40を勧められ、ソレを使っていたが、やはり硬すぎのようで燃費は少々悪化した以外、特に問題なく使用してきた。
また、VW純正オイルはロングドレインで、ディーラーに持ち込んでも前回交換から15,000km走行していないと、交換を依頼しても断られる(!)ので、
5,000km毎に減った分を継ぎ足しながら走る事になるのだが(因みに、取説にもその旨が記載されている。一節によると、ドイツ車のエンジン設計の理に適った、適切な方法らしいが、あまり気持ちのよいものではない)、コイツだと価格が安い分、通常サイクルでの交換でも懐に優しい。
水温が上がりにくいエンジンなので、冬場の通勤使用ではオイルが水分を含んで、フィラーキャップの裏にマヨネーズがこんもり付着するので、やはり早めの交換をした方が良いと思っている。
因みに、ディーラーではマヨネーズこんもり状態を見せても、「15,000kmまでは問題ありません」で済まされる。


気に入って使い続けていたプロステージだが、この度、ウチでは取り扱わない事になった。
どうやら、使っていたのはボクだけだったらしい(笑)

さて困った。
言うに及ばず、GTIのフィラーキャップの裏は、既にマヨネーズがこんもり状態なのだ。

うちで使うオイルは、日産純正の0W-20と10W-30。共に鉱物油だ。
メーカー純正品なので10W-30を入れても品質に問題はないが、できれば鉱物油は避けたい。
ウチだって高性能エンジンを搭載した車両が入庫しない訳ではない。
そのためにプロステージを仕入れていたのだから、何かプロステージの代替品は無いのかとサービス部の連中に聞いてみたら、代わりにコイツを仕入れていた。










ル・マン24時間を戦い抜いたGTR-LMに使用さ れたベースオイルを使用した100%化学合成オ イル。 サーキット走行やジムカーナーなど、本格的な スポーツ走行に最適

だそうで.....


あ、ホントだ。


値段は安いが、要求性能が10W-30のGTIに10W-50は硬すぎる。特に高回転まで回す機会のない冬場の雪道なので0W-20でも入れてみようかとも思ったが、現物を見てみたら割とシャバシャバのオイルだ。
ネットでの評判も、通常使用では悪くないみたいだし、日産純正オイルは日石製だが、このオイルはワコーズ製だってハナシも.......
今後、納車するクルマに入れる機会もあるだろうし、ここは人柱となってとりあえずコレ入れてみて、ダメなら他のオイルに変更しよう。

で、ちょっとしたインプレッションだが...........

気温の低い早朝の始動時は、今までよりクランキングが重くなり、始動までの時間も長い。
バッテリーの負担が大きそうだ。
確かに10W-30と比べると、同じ10Wとは言え、全体的に硬いのかも知れないが、ある程度暖まれば硬さはほぼ感じない。
吹けも良くフィーリングは良い。パワー感もある。新油であることを差し引いて考えても良い印象だ。
燃費は少し悪くなった。
暖まるのが遅いエンジンなので(通常より高めの油温、水温で性能発揮する設定になってるらしい)北海道の冬場には少々オーバースペックかな?夏場だとちょうど良いかもね。





最後まで読んでくれた方は、
ついでにポチッとお願い致します⇒⇒⇒FC2 Blog Ranking






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。