上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そろそろ走り納めという時期、とりあえず愛車たちのタンクを満タンにしとこうと思い立ち、まずはとばかりにLANZAを引っ張りだした。

先日降った初雪の影響で気温が上がらないので、最寄りのスタンドで給油して帰ってくる予定だったのだが、走り出してすぐ、左リアのウインカーが点かない事に気付いた。

バルブ切れかぁ。

しょうがないので近くのDIY店まで足を運びバルブを求めたが、運悪く品切れ。
他の店へ......と思ったが、ウインカーが点かない状態で走り回るのも気が引ける。
帰って手持ちのパーツで何とかする事にした。



家に帰って早速左リアのウインカーレンズを外す。

外してみて気付いたのだが、本体とレンズの接合部が割れていた。
オフでコケたり倒したりした影響だろうが、もう少し小さなウインカーに交換しても良いかもしれないな。


で、バルブを外してみたら........切れてない。
右のウインカーもバラしてバルブを左右入れ替えてみたが、問題なく点灯していた右のバルブも、左ウインカーだと点灯しない。

こりゃ少々厄介な事になった。

原因は配線だろうから、リア周りをばらし始める。

002_convert_20131212215334.jpg


ウインカーのカプラーが泥だらけだったので外して清掃したが、ギボシが1個妙に緩い事に気付いた。
原因は多分ここだな。

004_convert_20131212215444.jpg


そのままプライヤーで締めても良かったのだが、念の為ギボシを新しいものに交換したら、あっけなくウインカーが復活した。


それではちょっと試走を.......とばかりに走り出し、結局またタンクを空にして帰ってきてしまった。


またスタンド行かなきゃ。

006_convert_20131212215548.jpg




最後まで読んでくれた方は、
ついでにポチッとお願い致します⇒⇒⇒FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。