FC2ブログ

GOLF GTI ボディケア

北海道を走るクルマって、本当に過酷な環境に置かれてると思う。


特に冬。氷点下の環境でセルを回すバッテリー、冷えきっている状態でいきなり火を入れられるエンジン、結露で発生した水分を包んでエンジンを保護するオイル、凍りついた窓を開けるパワーウィンドウや雪を払うワイパーのモーター負荷はかなりのものだろうし、激しい凹凸路面のショックを吸収する足回りや、それを受け止めるシャシーのストレスは相当なものだろう。
そして、雪が降ればスノーブラシで擦られるボディの塗装。コイツは傷みが目視出来る分、余計気になってしまう。僕のGTIは黒だから、余計傷が目立つ。



.........前置きが長くなったが、そんな訳でボディコーティングなる物を施工してみた。



なんか良くわからんが、ボディ表面にガラスの皮膜を形成してボディを守るそうな。
ウチでは3種類のコーティングを施工出来るのだが、思い切って一番高価な奴をチョイス。
さて、どうなる事やら.........



先ずはボディの現状。

025.jpg 

一見、鏡のようであるが、細かい線傷は隠しようもない。


027.jpg
 

蛍光灯の明かりがかなりぼやけている。




ボディの下地作りのため、全磨きからスタート。
ボディのエッジを養生してからポリッシャーを掛けてゆく。コンパウンドもこの時点では粗め。因みにポリッシャーのスポンジにも数種類あり、黄色いのは下地作り専用、つまり「目が粗い」のだ。
黄色いスポンジでワックスがけしてる人、多いんじゃない?


037.jpg 036.jpg


下地作りの時点で十分艶が出ている。


035.jpg 029.jpg

一枚目のキズキズ画像は、このCピラー部分。まだ少し線傷が確認できるが、艶の質が変わったのがわかるでしょ。


028.jpg 


ルーフのウォータースポット
はかなり磨き込んでも落ちなかった。ワックス後の水玉コロコロは見栄えも気分もいいけど、撥水系のワックスやコーティングは、水玉がレンズの役目をして、ボディに焼き付いてしまう。こうなってしまうと、もう落とせないのだ。

因みに、このコーティングは親水性。いわゆる水がべた~っとボディに広がるタイプ。こっちのほうがウォータースポットが出来にくく、ボディの汚れも少ない。



046.jpg 


それでもこの程度まで復活。近くで見ると水玉痕が丸分かりなんだけどね。


045.jpg 

048.jpg

細かいところは大変そうだ(僕は見てるだけ)



040.jpg 049.jpg

下地作りはこの程度で終了。フェンダーに塗装ブースのクルマが写り込んでいる。十分綺麗だけど、まだ蛍光灯が何本あるのか分からない。この後の本磨きが楽しみ。



で、本磨きはこんな感じ。

053.jpg 054.jpg 055_20120520235726.jpg 056.jpg 


ちょうど商談が入った為、作業中の画像はないが、本磨きは柔らかいスポンジと、より目の細かいスポンジを使用し、ポリッシャーも低回転で磨いていく(らしい)
4枚目、ペイントラックの映り込みは鏡のようだ。

これでやっとコーティング開始。 やはり作業中の画像はない。



いきなり完了画像。


058.jpg


すっかり日も暮れてしまいましたが、こんな感じで仕上がりました。因みにほぼ1日作業。内訳は下地作りが80%、本磨きとコーティング施工が各10%って感じでしょうか。ガラスに写った街路灯と、ボディに写った街路灯を見比べると興味深いですね~。


お日様の下で見ると.........








087.jpg 088.jpg


1枚目、ガレージの屋根とお隣のW田さんち。当然ながら逆さまに映り込んでる。ボンネットに映り込んだ松の木とお向かいのN良さんちも。まるっきり鏡な仕上がり。

ちょっと凄くね?


興味ある方はご連絡下さい。リーズナブルな価格でご提供しますよ~






FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト



テーマ : フォルクスワーゲン
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぢょぬぃ

Author:ぢょぬぃ
蝦夷鐵馬會のぢょぬぃです。
北海道は札幌市近郊の田舎町から、超不定期更新で気の向くままにいい加減な内容を発信しております。
どうぞヨロシク。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
706位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
ぽちっとな

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR