FC2ブログ

蝦夷鐵馬會 今年最後のツーリング(多分)

朝起きて、真っ先にした事は窓から外を眺める事。


「良かった、降ってない」


しかし、路面は完全ウエット、曇天で風も強い。窓を開けると、とてつもなく寒い風が吹き込んでくる。




今日は我が蝦夷鐵馬會の、今年最後になるであろう月例ツーリングの日。

今月初めに企画していたのが雨で流れてしまい、もう雪も降ろうかというこの時期にずれ込んでしまったのだ。



ニューマシンを入手したものの、来年転勤が決まっている爆音隊長の、このツーリングに賭ける意気込みは凄まじく、この日のために毎晩R1のセッティングを煮詰め、人生の全てを賭けて臨むという(多少フィクションが混じってます)。




メンバーに「天気と路面はどうだ?」とメールすると、次々と返信が帰ってくる。どこも同じような天気のようだ。救いは雨が上がっている事。


身支度をしているうちに、空が明るさを取り戻してきた。が、油断は出来ない。カッパとブーツカバー、スペアのグラブをバッグに詰め込む。今日はゴアテックスのウインターグラブ(スキー用)で出動だ。股引をはいている時、外でR1のエンジンが掛かる。爆音隊長は準備が整ったようだ。



革パンの上にチャップスをはこうかと悩むが、元々厚着が嫌いなんで止めとく。

多分帰りは暗くなっているだろうから、メットはいつものスーパーバイルズではなく、SZにしよう。(単にシールド交換が面倒臭かっただけ)



外に出たらやっぱ寒い。ガレージから愛機ZZ-R1100を引っ張り出す。


昨日、仕事が終ってから速攻でハイスロットルを組んだのだが、キャブ側ケーブルの取り付けと、キャブのOリング取り付け(爆音隊長ありがとう。修理、整備とはサバイバルなのだと実感しました)エアクリーナーボックスとラムエアーパイプの接合に手間取り、すっかり暗くなってしまい、懐中電灯片手に組んだ代物。果たしてちゃんと作動してくれるのか?




暖気を済ませて爆音隊長を待つ。R1にスイッチしてから、俺のほうが爆音になってしまった。

二人同時にスタート。第一集合場所の道路交通情報館までは約40km。走り出してすぐに後悔する羽目になった。スキー用グラブがライディングに合わないのだ。

暖かいけど、指の曲がりがきつすぎて、人差し指と中指が伸び切らずブレーキレバーに掛けづらいのだ。
クラッチは昔から3本掛けなのだが、小指がレバーに掛からず、操作の際にワンテンポ遅れてしまう。
集合場所に着いたら、グラブを交換しなくては、今日のペースを予想すると『リアルで死んでしまう』に違いない。



札幌の街中を、クルマの列を縫うように次々パスしながらひた走る。思ったより寒くない。路面はだんだんドライになって行く。


集合場所手前のSSで給油してから集合場所に入ると、既にけろっぴ号が到着していた。

そのけろっぴ号なのだが、新車時から手入れを怠らなかった俺のおかげで(最初のオーナーは俺)、いつ見てもマシンは綺麗だ。

綺麗なのだが…….



良く見ると、あちこちに夜行反射材がベタベタと貼り付けてあり(おじいさんのカブとかに良く見られるあのカスタムだ)なまらダサい!

本人は決まっていると思っていたようで、指摘したらしぶしぶ剥がしていた。



集合時間を過ぎてもかずやんが来ない。例によって遅刻?いや、それはない。朝メールした時、ちゃんと返信来たし。
「そりゃ2度寝だわ」と爆音隊長。かずやんにTELするが繋がらない。次の集合場所、留寿都のセイコマに移動しますとメールを入れて出発。



取り替えたグラブはバイク用ではなく唯の防寒手袋。だがさっき迄とは雲泥の差だ。1つ教訓を得た。

「手に合わないグラブはバイクを重たくする」

中山峠は空いていたので、そこそこのペースで走る。しかし寒い!強烈に寒い!特に手が!震えながら峠を下る。
途中のオービスで減速。そこから6速全開!隣にいた爆音のR1が、するすると前に出て行く。後で聞いたら、同じく6速で、ハーフアクセルだったそうな…….
車重(体重?)の違いか?



先頭が変わっても、ぬふわkm前後のペースは変わらず、前走車をスムーズにパスしながらひた走る。
予定より早く第2集合場所到着。一目散にフリースのインナー手袋を購入した。
値段が付いてなかったので少々不安だったが、何と105円だった。さすがはセイコマ!



店を出たらかずやんからメールが来ていた。娘さんが熱を出して、今病院にいるとのこと。残念!一緒に走りたかったのだが・・・近場で良かったら、次の機会(あるかな?)に!



実はこの時点で、まだ行き先が決まっていなかったのだ。
爆音隊長が「凄いワインディングを地図上で発見した」と言うので、ツーリングマップルで確認したら、OFF車マークが付いてた(笑)



取敢えず八雲町に向かい、雲石峠を攻めた後に南下し、落部辺りのワインディングを攻めるという事に決定。

しかし、既にこの時、我々にOFF車マークの呪いがかけられていた事を、誰も知る由が無かった・・・・・

続く

スポンサーサイト



テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぢょぬぃ

Author:ぢょぬぃ
蝦夷鐵馬會のぢょぬぃです。
北海道は札幌市近郊の田舎町から、超不定期更新で気の向くままにいい加減な内容を発信しております。
どうぞヨロシク。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1684位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
816位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
ぽちっとな

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR