FC2ブログ

ぢょぬぃが乗り継いできた思い出のバイク達 番外編

僕が蝦夷鐵馬會のメンバーとなった頃。

あるチームが島牧町の道の駅でバイク乗りのミーティングを行う事になり、旅團長がその手伝いで参加した。


後の『ライダーズミーティングin寿都』である。


旅團長によると最初は色々とあって大変だったようだ。


で、島牧での開催は困難になり、言い出しっぺのチームも撤退。結局、最初から関わってきた現地スタッフの長谷川さんと、旅團長率いる蝦夷鐵馬會が中心となり、今の形となっていった。

ライダーズミーティングが割と厳しい制約を参加者に課すのは、過去何度もダメ
になりかけ、そのたびに立て直してきた苦い教訓が下地となっている。


僕の参加は2回目位からかな?

回を重ねる内に、前夜祭~パレードラン~植林など、寿都町の有志や警察署を巻き込んで現在の形にしたのは旅團長だ。

だが、それから数年後、旅團長は『ライダーズミーティングin寿都』の運営に関わる事が出来なくなる。

それどころか、蝦夷鐵馬會自体が存続出来るのかどうかという問題に直面してしまう事になった。



『転勤』だ。


この頃は、ツーリングの告知をしても集まるのは5人だけ。

最盛期は50人程いた(旅團長も正確な数字は把握していなかったらしい)メンバーはどこへやら。


取りあえず集まれるメンバーが北の刀乗りの家に集合し、バーベキューしながら話し合った。

議題は、

『解散か存続か』


僕はその時、解散するならそれでも良いと思っていた。

ただ、解散するならメンバーを引き継いで新しいチームを立ち上げるつもりだった。


だが、蝦夷鐵馬會という時代錯誤(笑)なチーム名はそれなりに各方面へ浸透し始めていたし、我々メンバーも愛着があった。

メンバーの一人の『解散するなら「蝦夷鐵」の名前を引き継がせてくれ』の一言で存続が決まり、今後の活動内容(シーズン中最低月イチのツーリング)や、カンバンを作成し、今後はソイツを背負って走る事、チームのスローガンを、今までの反省から

『変わらない仲間と変わらない走りを』
に定めた

『蝦夷鐵憲章』

の制定、メンバー追加の際は戸籍謄本に住民票、印鑑証明を持参の上、カンバン代として現金百万石を上納、地獄の入団テストを課すなどの

『蝦夷鐵諸法度』

を制定、全員で血判を押し、泣きながらバーベキューの火を囲んでフォークダンスを踊り、新生蝦夷鐵馬會の門出を祝った。(この物語はフィクションです)。


FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト



テーマ : 愛車
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

そー言えば、そんな事もありましたね。
今考えると・・・、なんと大それた事を言ってしまったのか!
勢いって大切ですね^^

『蝦夷鐵諸法度』は、本当に存在したんですね(驚)

本当は 踊ったんでしょ?

風来坊さん

そうだね。
旅團長あの時迷ってたからね。あん時の一言がなけりゃ、今頃はどうなっていたやら…

サキさん

いや、マジ無いし(笑)

MSRさん

オクラホマミキサーとパタパタ、マイムマイムが舞える事が蝦夷鐵馬會メンバーの条件です
プロフィール

ぢょぬぃ

Author:ぢょぬぃ
蝦夷鐵馬會のぢょぬぃです。
北海道は札幌市近郊の田舎町から、超不定期更新で気の向くままにいい加減な内容を発信しております。
どうぞヨロシク。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1435位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
713位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
ぽちっとな

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR