FC2ブログ

RS250のおたふくソース(その1)

昨年のシーズン末にオイル警告灯が点灯した我がRS250。
手持ちのヤマハの青姦もとい青缶を入れておいたのだが、何だか今ひとつ高回転でのパワー感というかフケが悪い感じ。
時期的にオーバークール状態ってのも有るんだろうけど、RSから爆発的な加速を取ったら、ただ極端に乗りづらいだけのバイクになっちゃう。

どうせなら色々試してみようと、オイルを交換してみた。

とりあえず今回はコレ

17926628_187041765.jpg



ホントはボブさんとこのIPPON試してみたかったんだけど、仕事変わってから飲み会多くて....

先ずはサイドカウルを外す。

さすがイタ車、オイルタンクからの漏れが酷く、カウル裏はべとべとぢゃ!

以前から気になっていた、ライトの中の虫の死骸(笑)もこの際取ってしまおうとアッパーも外す。


17926628_2781952602.jpg



つい、やってしまった。今は反省している。


アッパーとサイド、アンダーを外されたRS、軽い!


17926628_3092821254.jpg
17926628_2866020841.jpg




オイルでギトギトのオイルタンクを外し、逆さまにしてオイルを全摘。
全摘してしまったら後からエア抜きしなきゃならないと気付いたが、もう後の祭り。あーめんどくせ~。パイプの中のオイルは残しとくべきだった...


ココまで裸に剥いちゃったついでに、「おたふくソース」も抜いておく事しよう。


RS250は、そのエンジン内の排気デバイスでおたふくソースを生成している。2STバイクの激減で、最近ではスーパー等でおたふくソースを見る機会が無くなったのは寂しい限りだ。(もちろん嘘)

VΓ系エンジンの構造的欠点である、排気デバイス内に溜まる未燃焼のオイル(通称おたふくソース)
コレを適時排出しておかないと、排気バルブが固着してしまいパワーダウン、最悪焼き付き等を引き起こす原因となる。

125Γは対策されてて排気バルブカバーはブリーザー付き(通称おたふく抜き)なので、ΓやRS250は125のカバーと交換するのがメジャーなチューニングなのだが、仕事変わってから飲み会多くて....

下側シリンダーは簡単にアクセス出来る。チョイチョイとボルトを外してもカバーは張り付いたまま.....
「こりゃ結構おたふく溜まってんなぁ」と気を抜いた瞬間、カバーが外れて落ちた。
昨日は風が強く、風下で作業していた俺はおたふくの洗礼を浴びた。

コレが通称オタフクソース。きったね~


17926628_4071899903.jpg


上側バンクはちょっと厄介な場所にある。
手が入らないのでラジエターを外してずらし、工具が回らないので下バンクのプラグも外す。ヘッドのボルトも邪魔だったが、さすがにこれは外すの止めた。

4つあるボルトの3本は2回程レンチかけたら手で回せたんだけど、残り1本がどうしても手では回せず、手探りでの作業だったんでカバーが外れた事に気付かず.....

2度目の洗礼を浴びた。

とりあえずパーツクリーナーを狙いすましてぶっかけ、これも手探りでウェス突っ込んでおたふく吸わすんだけど、もう幾らでも出てくる。

ボルトの表情見ても、前オーナーがおたふく抜いてないのは歴然。
ウェスでごしごしやってたら、パッキン切ってしまった(泣)
切れたのは下側だったんで、うまく剥がして上下逆に組もうかとも考えたけど、また切れたら終わりだし、漏れたら漏れたで...とか考えて、結局そのまま組んでしまった。

後はオイルポンプのエアー抜き。
ポンプのドレーンは確かジェネレーターカバーの中だったハズ。
コレがプラハンマーで叩いても、ドライバーでこじってもなかなか外れてくれず、ふとスプロケカバーの奥を見ると、そこにありました(笑)

ドレンボルトを外すと、ヤマハの青いオイルがポタポタと落ちる。
カストロールの飴色に変わったのを確認してボルトを締め込んだけど、果たしてこれで良かったのかしら?
なにせ初めての作業だから良くわからん。焼き付かない事を祈るしかない。

外したスプロケカバーの裏

17926628_1409559569.jpg



見なかった事にすりゃ良かった.....
マイナスドライバーで削り落として、パーツクリーナーで洗浄した。
かなりの軽量化を果たしたと思う(笑)

ヘッドライトの中の虫の死骸は取れたけど、羽が静電気で引っ付いて取れない(泣)

思い切って水入れてやろうかとも思ったけど、さすがにソレは出来ず、隙間から息を吹き込んで終了。

カウル組み付けの際、カウルステーを壊してしまい、これの修復に2時間を費やした。
しかも何故かソコ1カ所だけピンで止まっており、ピンを抜く際、フレームに引っかけて...
美しいフレームに10㎝ものキズを入れる始末。あ~もうなんかどうでもいいや。

外車ってこういう所がラフだよなぁ...(俺の作業がラフなのか?)

アンダーカウルもオイルと砂の混合物で石化していたので、コレも洗浄して組み付け。
アッパーと片側のサイドを組んだ所で、ウインカーを接続し忘れた事に気が付いた。もうダメ、心が折れた。


.....今朝は天気も良いので、これから昨日の続きをしてきます。

スポンサーサイト



テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

iphoneカバー シャネル

デッドストック加工を施しオリジナルを忠実に再現したCHANEL 長財布 エア ボルテックスのビンテージバージョン。 あなたは懇親会に出席する必要がある場合は[はい]を、あなたはあなたが...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぢょぬぃ

Author:ぢょぬぃ
蝦夷鐵馬會のぢょぬぃです。
北海道は札幌市近郊の田舎町から、超不定期更新で気の向くままにいい加減な内容を発信しております。
どうぞヨロシク。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1684位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
816位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
ぽちっとな

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR