FC2ブログ

OGKカブト KAMUI-Ⅲ走行レポート

カムイⅢで、300km程度のツーリングを数回走ったので、感想を述べてみる。

まず、以前にも書いたが、アライやショウエイを被り慣れたライダーなら、このメットを被ってキツいとは言わないだろう。
実際に装着してキツさは微塵も感じないし脱着の際に耳がちぎれる事もない(笑)。
そもそもメーカーがテストを重ねて設定したサイズである。走っていて頭が痛くなるほどキツい筈がない。
レビューでワンサイズ上をとか書いてる連中は、正しいメットのサイズを選べない、ヘルメットの正しい被り方、脱ぎ方を知らない初心者なのだろう。

ツーリングで使用してみた感想だが、まず、手に持ったときの重量。非常に重たく感じる。コレは今まで使っていたヘルメットと、その前に使っていたヘルメットがカーボンだった事、カムイⅢがインナーサンシェード付きであることを考えればしょうがないが、被るとホールド感が良いので重さは全く気にならない。
走り出す前のシールドの曇りが酷い。コレは付属のチンカーテンの有無でもあまり変わらなかった。シールドをワンノッチ開ければ曇りはすぐに解消するが、そのワンノッチ分の開口が大きすぎる。ほんの僅かに開けて走りたい時(雨中走行時など)は不便しそうだ。オプションのピンロックを買わせる手段かと思ってしまう。
エアダクトの風の通りは良好。アタマに風をちゃんと感じることが出来る。
風きり音はそれなりにするが、これはどのメットも同じ。ただ、スピードの高低で音が大きく変わるという事はないので、メット自体の空力性能は非常に良好でのようだ。高速でもブレ等は一切感じなかったのは、特許のウェイクスタビライザーの恩恵なのだろう。
インナーバイザーは大きく、非常に有効で、明暗が視界の邪魔になる事はなかった。
純正のシールドはUV(紫外線)とIR(赤外線)をカットする、帝人株式会社の高機能ポリカーボネートをシールド素材として用いた『UV&IRカットシールド』を採用との事だが、熱の籠もりは確かに気にならなかったが、効果の程はまだよくわからない。視界は新品だから当然とはいえ、非常にクリア。そして驚いたのが、シールドに虫が当たって潰れた際に、潰れた虫がシールドを滑って飛んでいった事。シールドが薄っすらと青味がかって見えるので、なにか表面にコーティングされているのかも知れない。

不満点は、先にも書いた通り、手に持った時の重量と走り出す前のシールドの曇り。また、ラチェットバックルの存在感が大きくて、喉元に圧迫感がある事。ワンタッチで外れるのは便利だが、信頼感はDカンの方が勝る。
内装の安っぽさ、エアダクトやサンシェードの操作感は価格を考えたらコレでも上出来だろう。
昨今の2大ヘルメットメーカーの価格を考えると、この価格でこれだけの性能を備えたカムイⅢは良い選択だったと思うし、OGKカブトは国内No.3メーカーとして、トップ2に追い付ける可能性を秘めたメーカーであると思う。

001_20200625132715139.jpg
スポンサーサイト



テーマ : バイク用品
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

ぢょぬぃ

Author:ぢょぬぃ
蝦夷鐵馬會のぢょぬぃです。
北海道は札幌市近郊の田舎町から、超不定期更新で気の向くままにいい加減な内容を発信しております。
どうぞヨロシク。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1576位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
779位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
ぽちっとな

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR