FC2ブログ

TDR250 レギュレーターレクチファイア交換

通勤やチョイノリで活躍中のTDR。
先日、通勤時にウインカーが点滅してない事に気付いた。
「バッテリーの寿命かな?」と思い、会社に着いてから充電したのだが..........一時的に良くはなったものの、次の日にゃ現象再発。
またトラブルかよ、全く.......

症状はバッテリーが充電されない事。
エンジンは普通に掛かるし、普通に走る。
って事は、ジェネレーターは発電していると判断、問題はその先か?
何せ電気関係には全く以て弱いもんだから良く分からないのだが、どうやらレギュレーターのパンクらしいと当たりをつけた。
レギュレーターはタンクの下だ。
TDRのタンク外すのって面倒くさいんだよなぁ.......

TDRの予備パーツを漁ってみる。

008_20150815001132b32.jpg

雑多なパーツの中から、レギュレーターを引っぱり出す。

009_201508150011328f0.jpg

とりあえず3つ発見。
早速交換作業に。


TDRの外装を外していく。
アッパーカウルとタンクを繋ぐセンターカウルは、片側4つのネジで留まっている。
結構面倒くさい。

001_20150815000045053.jpg

で、タンクを外すのだが、TDRのガソリンタンクは、オイルタンクも兼ねているというクソ設計。燃費悪いのにガス入んないし、オイルの他に、タコメーターもタンクにビルトインされてるから、とにかく重たい。
タコメーターから出てるカプラー2個をはずさなきゃならないし、タンク外すのにわざわざオイルラインを分断しなきゃならない。
初めてタンク外した時は、コレ知らなくてオイル全量をガレージの床に吸わせてしまうという苦い経験をした。
ガソリンコックもサイドカウル貫通なので分解する必要がある。

010_20150815001134d34.jpg

オイルラインを分断し、速攻で手頃なネジで栓をする。
で、タンクを持ち上げるのだが、オイルラインが狭く入り組んだ所を通っているため、栓代わりのネジのアタマが引っ掛かって抜けてしまい、結局オイルをブチ撒ける羽目に。
ホント、クソみたいな設計だわ。

で、今回のトラブルの元と思われるレギュレーターレクチファイアは、フレームのネック側、入り組んだハーネスの下にある。

006_20150815001129211.jpg

取り外してみるが、当然だが外見からは壊れてるかどうかは全く判断できない。

002_201508150000448bf.jpg

交換する予備パーツ。
コイツもパンクしてる可能性大ではある。

003_20150815000046634.jpg 

とりあえず交換してエンジンを掛けてみると、弱々しくも何とかウインカーが点滅している。
レギュレーターは一応機能しているようだ。

外装を取り付け、充電を兼ねて試走に出る。
ウインカーはちゃんと点滅し、問題なく使用できるようになった。

何だかんだ言っても、もう30年も前のバイク、これからも様々なトラブルに見舞われるだろうが、パーツが続く限り現役続行の方針だ。

006_20150815011946721.jpg

007_20150815000049df7.jpg






最後まで読んでくれた方は、
ついでにポチッとお願い致します⇒⇒⇒FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト



テーマ : 燃費
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

ぢょぬぃ

Author:ぢょぬぃ
蝦夷鐵馬會のぢょぬぃです。
北海道は札幌市近郊の田舎町から、超不定期更新で気の向くままにいい加減な内容を発信しております。
どうぞヨロシク。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
684位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
ぽちっとな

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR