FC2ブログ

蝦夷鐵ツーリング

寿都以降全くバイクに触れることなく1ヶ月が過ぎた。
洗車すら出来ず、我が愛車ZZRは、ガレージの中でカビが生える始末。


走りたくてウズウズしていた所、やっとツーリングの話がまとまった。


当日の予報は雨のち晴れ。
前日から結構降ってたので、イケルかどうかは微妙だったが、朝起きて外を見ると、路面は完全ウエットながら、降ってはいない様子だ。
数時間後には路面も乾き始めるだろう。


前日は遅くまで会議だった為、給油すら出来ず既にリザーブだった俺は、身支度を整えたあとスタンドへ。



休みでした。



でもここで、偶然にも北の刀乗りと遭遇。
どうやら道に迷ってたらしい。



2人を従え第1待ち合わせ場所へ向かうと、爆音隊長が既に到着済み。続けてかずやんも完全雨装備で到着。
その格好とあまりに速い到着に、最初は知らない人だと思ってた。



サキさんはキャンセル、けろっぴは病欠という事で、後は本日のゲスト、ちゅうた君の到着を待つばかりだ。
ちゅうた君は前日、天候が思わしくないため家族サービスに専念すると言っていたのだが、当日朝に急遽参加すると俺に伝えてきたのだ。
その℡が有ってから到着までがやたらと速かったのは気のせいか?
俺が給油に行ってる間に到着してた。



取り敢えず路面も乾いたので出発する。向かうは第2待ち合わせ場所の「夕日が見える丘公園駐車場」。
当別町内のワインディングを快調なペースで走る。
所々路面に川が流れてるが、ほぼドライなコンデションだ。
今日は爆隊がNSR250での参加だ。
他の4人は皆1100だが、奴を相手にするには不足かも知れないな。



第2待ち合わせ場所には当然誰も居なかったので、そのまま青山に抜ける峠へと向かう。

いつもなら峠も中盤あたりになると爆隊が抜いて行くのだが、今日はなかなか抜きにこないなぁと思ってる内に青山着、続いて青月峠へ。
ここでも250はイマイチ元気がない。

駐車スペースせ小休止。
どうやらフロントのグリップ不足に悩まされ、滑りまくってペースが上がらなかったらしい。
いつもならどんなに滑っても「俺は滑っても別にいいんだ~」と全く気にしない男が「ヤバ過ぎる」と言う位だからよっぽどなのだろう。
果たして彼のマシンは、フロントタイヤが手で押してもへこむ位しかエアが入っていなかった(泣)

爆隊はパワーバンドの狭さと、完全に干からびてひび割れたタイヤでペースが上がらず。
でも、チャンバーが効果を現す回転域に入ると、パワー感があって楽しいらしい。



しかし、なんだかんだ言ってる割には、ほとんど遅れずに付いてきてる(藁)



取り敢えず空気を入れ(何故か爆隊が空気入れを持ってた)衝撃的映像をを撮影する為ビデオカメラをガムテープでセット、再出発する。



月形に出て275を北上していると、浦臼の辺りで軽く雨に打たれる。
ビデオは大丈夫だろうか?と心配しながら走っていたが、峠を下ってる最中に既に逝ってしまってたそうだ(爆)



鶴沼辺りで脇道に逸れる。スポーツスターのお兄ちゃんが絡んできたが、彼がミスコースしてる間にこちらは先行。
爆隊がこの日初めて先頭に出た。
流石にNSR、加速は結構凄い。
着いていったら橋の架かったコーナーでギャップに乗ってしまい、弾みでアクセルを開けてしまって思いっきりウォブルを喰らい、逝ってしまうところでした。



深川方面に折れる手前で給油。
爆隊のNSRはタンクがほぼ空になってたらしい。
リッター10km走るようになったと言っていたが、良く話を聞くと前日まで9kmしか走らなかったとの事。



妹背牛の辺りで俺の妖怪アンテナがピピピと反応する。
どうも前を行くバンが怪しいなぁ。

様子を窺いながらこっそり前に出てミラーで確認すると、やっぱりフロントに桜の代紋が・・・



まぁこっちはバイクだから追っては来ないだろうが、一応警戒しながら警察車輌をパス、本日のメインステージである多度志の峠へと向かう。



イマイチ道の解らない俺に代わって爆隊が先頭。峠に入ってすぐ俺をぶち抜いていく。



相変わらず何乗っても速いわ。と思っていたら、2人共いつまで経っても視界から消えない。

それどころか勾配がきつくなると全然前に進んで行かない。というより近寄ってくる(笑)

2人のバトルを一番近い所で観察させてもらいました。



まず爆隊だが、グリップしないタイヤと、4速が吹けないという症状のせいなのか、いつもなら結構大きめなコーナーリングラインを描いて綺麗に曲がっていくハズが、この日はラインが小さく、クイックに曲がっている様に感じた。
思う様にスピードが乗らず苦労しているのが後ろから見てても解る。

対して(☆ε☆)、いつも思う事だが、バンク角が皆より浅い。
バンクしている時間が短いからそう感じるのだろうか?
体重移動もヒョィといった感じで、オーバーなアクションはしていない。
昔は結構ハデなフォームで攻めていたのだが、最近はテールスライドを使った走りに変わったのかな?



ちゅうた君とかずやんは余裕ある走りで後ろに控えている。
下りになるとペースは上がったが、取り敢えずブッチ切られる事無く峠を抜けた。



旭川市内で給油し、富良野へ向かう。

蝦夷鐵ツー名物の「樹氷ラーメン」を喰う為だ。



美瑛、上富良野、中富良野と退屈な道をすり抜けしながら走る。

ちゅうた君は全く遅れずに俺の後ろをキープしていてくれた。



ラーメンを食った後は、皆幸せな気分になってしまい尻に根が生えかけるが、次のステージである金山湖に向かって走り出す。



途中ネズミ取りを発見するが、レーダーのお陰で無事通過。




金山湖では満腹状態で身動きがままならず、すっかりツーリングペースな走りをしてしまった。

帰りは爆隊に引っ張って貰った。




次のステージは富良野~桂沢線。
ここではかずヤンにも叩き抜かれた。
暫くして爆隊にも抜かれる。

昼食以降おねむ状態な俺は、途中爆隊に引っ張って貰って桂沢湖到着。



次が本日最後のステージになる、夕張~桂沢湖線だ。

北の刀乗りがここでミスコース、北の刀乗りにメールして、夕張のセイコーマートに来るようメールして出発する。



夕張線は気持ちの良い高速コーナーで路面も良く、好きなコースだ。



セイコーマートでコーヒータイム。
既に辺りは暗くなりかけて来ている。




ガソリン残量が心もとないので夕張市内でスタンドを探すが、結局274に出るまで給油できなかった。




このころになると既に辺りは暗くなり、後は流れ解散するだけだ。



途中、爆隊のNSRのオイル警告灯が点灯。帰り道でオイルを購入することに。
爆隊が今回のツーリングでの給油数量は何と50リッターその他にオイル1缶!凄すぎる。




取り敢えず流れ解散で家路に向かう。7時過ぎに自宅に生還した。
500km強のツーリングだったが、峠メインの走りで楽しかった。


家に入ると、妻と子供が迎えてくれた。焼き肉を食べながら今日のツーリングを思い返す。

来月も、また走りに行こう。

みんな、お疲れさま!



スポンサーサイト



テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

ぢょぬぃ

Author:ぢょぬぃ
蝦夷鐵馬會のぢょぬぃです。
北海道は札幌市近郊の田舎町から、超不定期更新で気の向くままにいい加減な内容を発信しております。
どうぞヨロシク。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
684位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
ぽちっとな

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR