FC2ブログ

第24回 ライダーズミーティングin寿都 終了報告

去る8月4日、5日の両日、オートバイの交通安全を呼び掛けるイベント、
「第24回ライダーズミーティングin寿都」
を開催し、盛況のまま、無事終了致しました。

ライダーズミーティングin寿都は、北海道を走るライダーの交通安全意識高揚を訴え、毎年行ってるイベントで、開催に当たり、毎回寿都町役場、寿都警察署のご協力を頂きながら実施しており、今年は24回目の開催となりました。

今回のミーティングは、連日の好天とは打って変わり、狙い澄ましたかのような雨模様となりましたが、そんな中でも60人以上の参加者が集まって下さり、恒例の前夜祭も大変盛り上がりました。
前夜祭では、大量のウニやホタテに加え、我が「蝦夷鐵馬會」のメンバーが当日の早朝に釣り上げた、92cmのブリと65cmを超えるヒラメを、ウチのメンバーが捌いて刺し身にしましたが、一瞬で参加者の胃袋へ消える程の好評ぶりでした。

085_convert_20180809160836.jpg

026_convert_20180809161040.jpg

020_convert_20180809162121.jpg

086_convert_20180809162638.jpg

045_convert_20180809161901.jpg

013_convert_20180809160541.jpg

092_convert_20180809160745.jpg

049_convert_20180809161007.jpg

015_convert_20180809160656.jpg

005_convert_20180809160247.jpg

008_convert_20180809160344.jpg

009_convert_20180809160456.jpg

077_convert_20180809162607.jpg

089_convert_20180809160932.jpg

014_convert_20180809160611.jpg

047_convert_20180809162000.jpg
010_convert_20180809162231.jpg


翌日の交通安全パレードランでは、今年も町民の皆様に沿道で手を振って頂けました。


012_convert_20180809162417.jpg

002_convert_20180809162359.jpg

007_convert_20180809162325.jpg


今回、新しい試みとして、寿都警察署の主導で、世界で初めてオートバイ用エアバッグを開発した無限電光株式会社よりお借りしたバイク用エアバッグジャケット、
『hit-air』
の展開実験をして頂きました。

061_convert_20180809162512.jpg

038_convert_20180809162531.jpg

無限電光は、1995年にオートバイ用エアバッグの研究、開発に着手し、現在では日本の白バイ隊員をはじめ、海外の警察にも正式採用される等、オートバイ用エアバッグのトップブランドとしての地位を確立しております。

オートバイ用エアバッグの存在は以前より知っておりましたが、価格が高価な事、その効果が、万一の事故の際にしか確認出来ない事等から、認知はされていても装着しているライダーは未だ少ないのが現状です。
今回、寿都警察署のご尽力で、ライダー達がエアバッグを装着して、エアバッグの展開を実際に体験出来た事は、オートバイ用エアバッグの効果認知度の向上と共に、オートバイによる交通事故死の減少に繋がっていくきっかけになっていく事でしょう。

私達ライダーズミーティングin寿都実行委員会も、今回の北海道警察の交通安全に対する取組をなるべく多くのライダーに伝え、これからもライダーの交通安全に対する意識高揚に尽力していきます。

ライダーズミーティングin寿都へ参加された皆様、この度は本当にありがとうございます。

018_convert_20180809162346.jpg


なお、皆様から頂戴した参加費用は、食材の購入費用と施設使用料を除く全額を、交通遺児育英基金への募金とさせて頂きました事を、ここでご報告申し上げます。



20729625_956219944517773_4535533731580693030_n_20180809165944750.jpg
スポンサーサイト



テーマ : ライダーズミーティング
ジャンル : 車・バイク

第24回 ライダーズミーティングin寿都いよいよ今週末に開催

第24回ライダーズミーティングin寿都、いよいよ今週末に開催です。

心配していた天気も、雨が来週にズレてった様で、ひとまず安心。
寿都町役場や寿都警察署との打ち合わせや、取材申込の対応など、最終的な段取りと打ち合わせで、大詰め感全開です(笑)
参加される皆様、道中、お気を付けてお越しくださいね。

お会いできる事を、楽しみにしております。

001_20180803144236cbe.jpg

テーマ : ライダーズミーティング
ジャンル : 車・バイク

第24回 ライダーズミーティングin寿都

2018年8月4日~8月5日

「第24回ライダーズミーティング in 寿都」を開催致します。


風の町として知られる寿都町。

北海道で観測された最大風速49.8m/sは、寿都測候所で観測されました。
また、日本でのブナの北限の地であり、国内最北のブナ林が弁慶岬付近にあります。
北海道で一番大きなミズナラも寿都町で確認されています。
寿都湾で穫れる海の幸は、最近話題の寿カキをはじめ、しらす、ホッケ、ムラサキウニ、アワビなど。
有名な北海道銘菓、わかさいもは、寿都町の若狭屋老舗が発祥であることは、あまり知られてはおりません。
観光では、寿ブルーと称される寿都の海を堪能できる弁慶岬、穴場の絶景ポイントとしてニセコアンヌプリ、羊蹄山、尻別岳と尻別川を一望でき、冷え込んだ早朝はそこに雲海が、深夜は満天の星空を見ることができる磯谷高原。

寿都という町を少しでも多くの人に知ってもらいたいという寿都町の志ある人たちと、「風の町 寿都」のキャッチフレーズと風繋がりで私達バイク乗りが結びつき、ライダーズミーティングin寿都は誕生しました。
手探りで開催に漕ぎ着けた第1回のミーティングは、とてもイベントとは言えない規模の、ただ集まるだけのミーティングでしたが、回を重ねるごとに参加者と運営者が力を合わせ、開催の趣旨も固まり、少しずつ規模を拡大しながら、ライダーズミーティングin寿都は、今年24回目の開催を迎える運びとなりました。

ライダーズミーティングin寿都は、
① 全てのバイク乗りへの安全運転の呼び掛けと意識の高揚
② 北海道を走るバイク乗り同士の交流
③ 次の世代のライダー達へ北海道の原風景の引き継ぎ
④ 事故に遭わない為の情報交換
の4つを開催の趣旨としております。

ライダーズミーティングin寿都が目指したものは、ライダーが家族連れで気軽に参加出来るミーティング、また、女性ライダーが単独で、宿泊装備を持っていなくても宿泊ツーリング出来るミーティングである事に加え、オートバイという素晴らしい乗り物で走り続ける為に、1年に1回、オートバイの「交通安全」と、「安全な走行」について考えるきっかけの場となる事です。

24年という時間の流れの中で、時代は大きく変わりました。
ですが、この24年で、願い続けても変わらなかった事、それは、毎年、必ず何人かのライダーが交通事故で命を落としているという現実です。
私たちが考える「安全運転」とは、スピードを出さない、追い越しを掛けない事ではありません。
乗用車やトラック、自転車。他の車輛と混走せざるを得ない現状では、交通法規を守って走行していても、自らの安全を確保して走れる保証はありません。
バイク乗りがどれほど順法精神を以って走っても、路上には自分以外の人が存在する以上、交通事故が発生する可能性を常に内包しています。

私たちバイク乗りは、バイクで走る事で、バイク乗り同士の独特な連帯感を持っています。
ならば、1年に1回だけでも、真剣に「交通安全」「安全な走行」について考え、話し合い、自らが経験した危険な体験と、それに対してどの様に対処したかを誰かに伝え、誰かが経験した危険な体験、それに対してどの様に対処したかを聞き、自分の経験に加えて他人の経験からも危険の予兆を感じ取ることができれば、バイクによる死亡交通事故を1件でも減らす事が出来るかもしれないと、私たちは考えています。

「ライダーズミーティングin寿都」を、私達の考えに賛同して頂ける方、違う考えをお持ちの方など、一人でも多くのバイク乗りが、大好きなオートバイで事故を起こさない為の知恵を皆さんで語り合い、共有できる場所として頂ければ幸いです。


ライダーズミーティングin寿都は、ソロツーリング、仲間やチームでのマスツーリングの他、バイク乗りならばクルマでの参加も受け付け致しておりますので、家族連れでの参加もOKです。
家族サービスでなかなか一泊ツーリングの機会が無いという方も、是非参加をご検討下さい。

宿泊は基本的にテント泊ですが、テントを持っていない方は寝袋1つもしくは毛布、タオルケット1枚あれば、ゆべつの湯さんの屋内大広間で宿泊が可能です。
また、女性ライダーと、ご家族連れで参加される方の女性とお子様に限り、寝具及びバス・トイレ・キッチン完備のログキャビンを無料+温泉入浴券付きでご用意しておりますので、宿泊道具を持っていない女性ライダーさんも、お気軽に一泊ツーリングを楽しんで頂けます。
こちらも女性同士の相部屋となりますが、1F 2F合わせて8人~10人の宿泊が可能ですので、充分寛いで頂けます。

4日の前夜祭は、開催地寿都町のウニ・ホタテなど、大量の海産物でバーベキューです。
コレがライダーズミーティングのメインイベントと勘違いされている方が多いですが、ボクもその1人です(笑)
あくまでも前夜祭、翌日の交通安全パレードランがメインイベントとなります。知らない者同士、または気心の知れた仲間同士、酒と寿都産の美味い海産物を肴に、大いに交流を深めあいましょう。
ただし、翌日に備えて深酒はご遠慮下さい。
翌5日は寿都町弁慶岬に集合し、寿都警察署パトカーの先導による交通安全パレードランを行い、解散となります。

多くの皆さんに参加して頂き、北海道の短いバイクシーズンの中の1日を共に走った事が、皆様の良い思い出の1つとなる事を願っております。

先に述べた通り、日本中のライダーから「バイク天国」と表現されるここ北海道も、オートバイによる死亡事故は毎年発生しております。

私たちライダーズミーティングin寿都実行委員は、北海道を走るライダー同士の交流と情報交換を通じ、全てのバイク乗りへの交通安全の呼び掛けと意識の高揚、次の世代のライダー達への北海道の原風景の引継ぎ、オートバイでの死亡交通事故撲滅を今年も呼びかけていきます。

私達の考えに賛同して頂けるならば、一人でも多くの方に参加して頂き、私たちの思いを受け取って頂ける事を心より願っております。


この度、第24回ライダーズミーティングin寿都を開催するにあたり、寿都町の片岡春雄町長を始めとする寿都町有志の皆様、寿都警察署の皆様、毎年快く開催場所を提供して下さる「寿都温泉ゆべつの湯」様ほか、24年の長きにわたり、寿都町の皆様の多大で無償の協力に対し、この場を借りて、改めて御礼申し上げると共に、同じく惜しむことなく無償の協力をして頂いている、参加者の皆様へ、心より感謝申し上げます。


最後となりましたが、今年も交通遺児育成のための募金活動を行います。
皆さまからお預かりした浄財は、北海道交通安全推進委員会を通じて、交通遺児の皆様の奨学金として活用されます。
昨年の皆さま方からの寄付に対して、北海道交通安全推進委員会より感謝状を頂戴致しました事も、この場をお借りして御報告させて頂きます。
第24回 ライダーズミーティング in 寿都へ参加される方は、その旨を

公式サイト ライダーズミーティングin寿都
https://sites.google.com/site/ridersmeeting/24th

フェイスブックの公式ページhttps://www.facebook.com/Raidazumitinguinsuttu

もしくはこのブログのコメント欄でお知らせ下さい。
プロフィール

ぢょぬぃ

Author:ぢょぬぃ
蝦夷鐵馬會のぢょぬぃです。
北海道は札幌市近郊の田舎町から、超不定期更新で気の向くままにいい加減な内容を発信しております。
どうぞヨロシク。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
684位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
ぽちっとな

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR