FC2ブログ

リトルカブのメインハーネス交換

前回の失敗談から数日後、リトルカブで走っていた時に、一瞬の失火を感じたのだが、リトルカブは特に問題もなく稼働していた。
しかし、その時以降、だんだん始動に梃子摺る様になり、最終的には始動不能に陥った。

プラグに火花が飛ばないので、原因は短絡による電装系の故障で間違いないだろう。
だが、電気にはからっきし弱いボクのこと、原因が焼いてしまったハーネスなのか、CDIなのか、コイルなのかの特定が出来ない。
電気系の基本は怪しい所を一つずつってのは知っているが、ヤフオクでCDIやレギュレーター、コイル、リレー付きのメインハーネスが出ていたので、コイツを落札して丸ごと取っ替える事にした。


手順としては古いハーネスを一気に外して新しいのと入れ替えるのが正しいのかも知れないが、正直言って不安だったので、外しては付け外しては付けを繰り返すという、とてもチマチマした方法でやることにした。

まずはハンドル周りから

IMG_7571_convert_20160702162642.jpg

多分、新車時からこの状態だったと思うが、とってもゴッチャゴチャなのね。
とりあえず同じ色の配線同士を繋いで下へと抜いていく。

中間地点

IMG_7572_convert_20160702163005.jpg

どこにも繋がらない配線があってちょっと混乱。

IMG_7574_convert_20160702163138.jpg

一本はホーンへ行くのだが、もう一本は?
この辺から落札したハーネスがホントにリトルカブ用なのか疑心暗鬼になるが、商品説明ではAA01の3速純正となっている。
まぁ、とりあえず付けてみるしかないか。


カブのコイルはフレーム内、タンク下にあるので、ここから先はタンクを外さなきゃならない。
コックからホースを抜こうとした時に、ホースに亀裂を発見。ホースを抜いたら亀裂が破れてガスがドバドバと漏れてきた。
コレ、気付かずに乗ってたらヤバかったなぁ。
ホースは1cm程切り詰めた。

タンクを外してコイル装着。プラグキャップ付けたままだとコードがフレームの穴を通らないので、やりたくなかったけどキャップを外して穴を通す。
CDI、レギュレータ、リレーなどを取り付けたら、やっぱ余ったカプラーが.....

IMG_7575_convert_20160702163320.jpg

メクラしてあるから使わないの前提なのかな?

とりあえず、ハーネスの入れ替えはこれで終了。
後は外装を元通り組み付けるだけだが、その前にエンジン始動テスト。
キック1発でポコポコとアイドリングし始めたので一安心。
その後、CDIやレギュレーターを入れ替えてみたが、問題なくエンジン始動するので、始動不良の原因はコイルかプラグコード、キャップの何れか、もしくはそれら全部。もしかしたら配線を焼いた事によるアース不良であろうと推測し、古いハーネスとコイル関係は廃棄し、余ったパーツは予備に回した。


様子見の為にちょっとだけ遠出してみたが、問題なく快調に走ってくれた。
これでまた暫くはコンビニスペシャルとして活躍してくれるだろう。
何だかんだ言って気に入ってるマシンなので、今後はトラブルシュートではなくチューニングも視野に入れてみようと思っている。

IMG_7576_convert_20160702163517.jpg

スポンサーサイト



テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

早速、やらかしました。

ナンバーを取得し、公道を走ることが許されたリトルカブ。
調子を見るために早速試走に出かけた。

と言っても、近場をぐるぐる回っただけだけどね。

その結果分かったこと。
・タイヤの空気圧は、純正通りだと少ないかな?段差やギャップなどでホイールを曲げてしまいそうだ。
・直進安定性が低い。カブはやっぱ17インチが良いのかな?走ってて不安を感じるほどではないが、なんか落ち着きが無い感じだ。
前後サスが柔らかすぎるのも要因の1つかな?
・リミッターがないので、メーターを振り切る位のスピードは出る。がしかし、細かい振動が結構酷くて、全く快適ではない。もっとも、そんな使い方をするバイクでもない。30~40km位でトコトコ行くのが正しい。
最初は50kmが精一杯の体だったが、走っている内に回るようになった。
おそらく15年ぶりにエンジンが回ったのだから、走っている内にアタリがついたのだろうか?

・燃費は、まだ「多分」だが、怖ろしく良い。ナンバーが付いてから満タン給油し、暫く走り回ったが、ガスが殆ど減っていない。
コンビニまでの足にちょうど良い。


で、今後の活躍が期待されるリトルカブだが、ヘルメットホルダーの位置がずれている事に気づいた。
どうやら試走の時の振動で、ネジが緩んだ様だ。

リトルカブのヘルメットホルダーのネジは、タンクを抜かなきゃアクセス出来ない。
タンクはこないだ満タン給油したばかりだ。ガスを抜くのは面倒くさい。
バッテリーをフレームから抜いて、フレームの穴から手が届かないか試してみたが、やっぱ無理。
しょうがない、キャブを外して、キャブごとタンク側に寄せてタンクを浮かせて増し締めした。

IMG_6991_convert_20160504123436.jpg


その直後、フレームからモクモクと煙が......

さっき抜いたバッテリー、実はめんどくさがって元に戻さず、配線も外さないままステップに置いていたのだが、ネジを増し締めした際にバッテリーが倒れ、+端子とキックアームが短絡、マイナスのハーネスが燃えてしまったのだ(泣)

何という初歩的ミス!作業する際にバッテリーの端子を外すのは基本中の基本だろうに!
しかもキャブ外してる状態でこのザマ。4リッター弱のガソリンが入ったタンクの直下で火が出たら、間違いなく隣の家を燃やしていただろう。
やっちゃいけない事をやって、この程度で住んだのは運が良かっただけだ。大いに反省し戒めよう。

マイナス配線は全滅。接触していた他の配線も、皮膜が溶けてエラい事に。

しょうがないので、見える範囲、手が届く範囲の配線を1本ずつ引き直し、巻き直しして直したつもりだが、こりゃハーネス交換した方が良いかなぁ?


とりあえず車体を組み、エンジンを掛けるがアイドリングしない。
アクセル回せば吹け上がるが、回転落ちが悪く、アイドルスクリューを回して無理くりアイドルさせると、回転が安定しない。

どっかでエア吸ってるなぁ。
と思い、エンジンを覗き込むと、ヘッドの上にOリング発見。
こりゃキャブのインシュレータのOリングだ。キャブ取り付けの際に外れて落としたのだろう。
さっき走った時に落とさなくて良かった。

キャブにOリングをはめて組み直すと、普通にアイドリングするようになった。


簡単な作業と思い、手抜きした結果、火事を出してもおかしくない失態をやらかしてしまった。
特にガレージ内は可燃物満載、今後、充分に気をつけて作業し、同じことを繰り返さない為に、恥を忍んで記事をUPしよう。


最後まで読んでくれた方は、
ついでにポチッとお願い致します⇒⇒⇒FC2 Blog Ranking


テーマ : 整備
ジャンル : 車・バイク

リトルカブ再生記 その後......


無事に復活を果たしたリトルカブ。
残るは登録のみ。
というところで、問題が起きた。

役所でナンバーを出してくれないのだ。

札幌市税事務所で抹消の確認等を行い、再登録の際は、役場によって多少のローカルルールはあるが、基本的にはフレームナンバーの石摺りがあれば問題ないとの返答をもらい、わが町の役場にも電話し、石摺で問題なく登録できるとの
回答を得たのだったが.......

4月になり、担当者の移動があったのだろう、いざ登録のため役場に電話したら、新しい担当者、石摺って言葉を知らない様で、まずはそこから説明(逆だろ!)、抹消済みだが書類がない原付の登録は前例がない(嘘つけ!)、なので出来ないとの返答(怒)。
札幌市税事務所に電話したところ、わざわざわが町のその担当者に電話してくれ、説明してくれたのだが......

とりあえず受付はするので役場に来い(!)との事なので、行きましたよ。
そしたら担当者は高校生みたいなお兄ちゃん。こりゃ石摺り知らなくても無理ないか?
で、その上司と思われるのおばちゃん(失礼)、とりあえず申請の書類書けって言うから書いたんだけど、排気量の欄に、50と書けという。
いいの?49もしくは0.049って書くんじゃないの?俺は構わんけど。
更に、「このバイク車検はあるんですか?」だってさ(笑)
( ̄乂 ̄)ダメだこりゃ。

役場で検討してナンバー交付は後日と言われ、とりあえず書類を預けてきた。

家に帰って暫くしたら役場の担当者から電話があり、交番に拾得物(要は落し物ね)の申請を出し、3ヶ月経っても持ち主が現れなかったらアンタのものになるから、3ヶ月後に登録に来いとぬかしやがった。

.........はい、さすがにキレました。

もともとこのリトルカブは、某マンション管理会社から廃棄の依頼を受け引き取ってきた。
管理会社は、住人が引っ越した際に、故意に置いていった自転車やバイクを処分する際、拾得物として警察に届け、3ヶ月後に持ち主からの申し出が無かったものを廃棄処分している。警察への届けなどとっくに済んでおり、抹消済みで盗難届も出ていないことは確認済みで、その事は役場の担当者に伝えてあるのにだ。
駅や電車内の忘れ物と同じ扱いだ。もっとも駅の忘れ物は、その後競売に掛けられるが。

ウチの町では前例がないそうだから、このリトルカブは登録できない。
なので、札幌に住む弟の名義で登録した。登録の際は、当たり前だが何の問題もなく登録できた。

直後に抹消して、書類を持ってウチの町へ行けば、登録できるだろう。
でも、このリトルカブの税金は、これから先も札幌市に支払い続けるつもりだ。
ウチの町には、一銭も払いたくない。

009_convert_20160504105624.jpg


最後まで読んでくれた方は、
ついでにポチッとお願い致します⇒⇒⇒FC2 Blog Ranking

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

リトルカブ再生記 最終章

頼んでいたバッテリーが届いた。
台湾ユアサ製だが、台湾製品は品質的に信頼が置けると思ってのチョイスだ。
もっとも、一番大きな決め手は価格なのだが(笑)

IMG_6011.jpg


ところが、箱を開けてみて、バッテリーの底面を見て、(゚o゚;ビックリ
なんじゃこりゃ?どう見たって新品とは思えない。

IMG_6019.jpg

購入先の㈱アイネットさんに問い合わせしてみたが、コレ、間違いなく新品だとの事。
ホントかなぁ?
まぁ、性能的に問題なけりゃ、底面なんて気にしないけどね。


「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「


エンジンオイルは当初純正を入れるつもりだったけど、1回めのオイルはフラッシングと考えて、極力安いオイルを選んだ。
聞いたこともないブランドだけど、カブだから大丈夫だろう。

004_20160412105536c3c.jpg


エンジンオイルを新品に換え、バッテリーを新品(?)に交換したにも関わらず、キーオンでニュートラルランプが点灯しない。
ウインカーも回転を上げないと点灯すらしない。
レギュレーターが逝ってるのか?はたまたバッテリーがやはりダメなのか?

原因がわからず、バッテリーボックスを呆然と眺めていたら、なんかある。
管ヒューズ?なんで今時管ヒューズ?しかもバッチリ切れてるし(笑)
コイツをスペアに替えたら、ニュートラルランプがキーオンで点灯するようになり、ウインカーも作動した。

.......なんかカブって現代のバイクと違い過ぎてよくわからん。
逆シフトだし、ウインカースィッチは右だし、しかも縦だし.......


手を付けていなかったホイールのメッキ部分のサビは、色々やってみたけど、スクレッパーで削り落とすのが一番手っ取り早く、
とりあえずの見た目はキレイになった。

038_2016041212515281f.jpg

034_201604121251517e8.jpg


で、最後の難関。
一つ問題が残ってた事をすっかり忘れていました。
ハンドルロック。
コレだけは前の鍵のままなので、施錠出来ない状態。

まず、外し方が分からない。

多分、ボルトを締め込んでからボルトのアタマを折り飛ばしてるんだと思うんだけど、コレはどうやって外せば良いんだろう?
タガネかポンチで叩き回すのか、マイナスの溝を掘って、インパクトドライバーで叩くのか?

最悪、以前の鍵のヘルメットホルダーがあるので、鍵屋さんに行って合鍵を作ってもらう事も考えたけど、メットホルダーとハンドルロックが同じ鍵だという確率は100%ではないし・・・


とりあえず、やってみるしか無い。
タガネとポンチを用意してチャレンジしてみた。

004_20160412125605f39.jpg

 
ネジのアタマにタガネを当てて、コンコンガンガンと叩く。
やったことのない作業なので力加減がわからないが、何となく回っている気が.........

やってる内に、ネジがちゃんと回っている事に気付く。何とか行けそうだ。
だが、途中から全く回らなくなった。
多分、回り始めたことに勇気付けられ、力加減やタガネの角度が狂ったのだろう、なんと苦闘1時間弱。
ネジザウルスで回せそうな位までアタマが出てきた。

IMG_6257.jpg

ネジザウルスで摘んで回すと、やっと1個目が外れた。

2個目はコツを掴んだ様で、15分位で外す事が出来た。
後はヤフオクで新しいキーセットを落札して、春になったら登録して、ナンバーを貰えば完了だ。




とりあえず、前オーナーに見捨てられ、廃棄処分されるはずだったリトルカブは復活を果たし、また走り出せる事となった。

今後は、ゆっくりと少しずつ手を加えていこうと思う。



最後まで読んでくれた方は、
ついでにポチッとお願い致します⇒⇒⇒FC2 Blog Ranking

テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

リトルカブ再生記 その7

キャブに手間が掛からなかったので、ステップの曲がり修正に着手した。

どっちもバンザイしてるが、特に右側が酷い。

035_20160412103252cad.jpg

038_2016041210314287d.jpg

037_20160412103142d5b.jpg

ステップのゴムの外し方がわからず、ポンプラでグリグリしてみたら少し動いたので後は力技で引きぬいた。

で、ステップにパイプを掛けて......

034_20160412103251e29.jpg

ハタと気付いたのだが、カブのステップって、クランクケースに直でボルト留めなんだよね。
ヘタ打ちゃクランクケースが割れるかも.......と思ったら腰が引けた。

慎重に......力を掛けるが、車体が軽いので、車体が動いて力が逃げちゃう。
結局、両手で車体を押さえ付け、足でパイプを踏んで曲げた。

足だから微妙な調整が難しかったが、なんとか妥協できるレベルには修正出来たと思うがどうだろう?

033_20160412103250a70.jpg

032_2016041210324801d.jpg


036_20160412103139554.jpg

最後まで読んでくれた方は、
ついでにポチッとお願い致します⇒⇒⇒FC2 Blog Ranking


テーマ : スーパーカブ系
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

ぢょぬぃ

Author:ぢょぬぃ
蝦夷鐵馬會のぢょぬぃです。
北海道は札幌市近郊の田舎町から、超不定期更新で気の向くままにいい加減な内容を発信しております。
どうぞヨロシク。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
567位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
ぽちっとな

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR