FC2ブログ

第21回 ライダーズミーティングin寿都 終了報告

2015年8月8日~9日、寿都町湯別にて
「21th ライダーズミーティング in 寿都」を開催致しました。

ライダーズミーティングin寿都を支えて下さる参加者の皆様、寿都町役場の皆様、北海道警察函館方面本部及び寿都警察署の皆様、ご協賛頂いた㈲ズーム様、カスタムショップSICK様へ、今回も盛況の裡に終了致しました事を、ご報告致します。


今年は、数日前に発生したフェリー火災の影響もあり、参加表明を頂いていた本州勢の参加者が、前夜祭に間に合わない等のハプニングもありましたが、例年同様、沢山の参加者が集まって下さいました。

今年もわざわざ仕事の折り合いをつけて参加して下さった方や、仕事を終えてから深夜に駆け付けて下さった方、万障繰り合せて車で参加してくれた方も多く、参加者の皆様には感謝の気持で一杯です。

前夜祭は昨年同様、豪勢な食材を取り揃える事ができ、参加者には好評を頂けました。
寿都町ご自慢のホタテはもちろん、タップリと身の詰まった大量のウニに加え、今年は大ぶりの白貝が大人気で、他にもイカの一夜干し、ホッケの開き、ブリの刺身など、寿都町の豪華な海の幸に加え、主催の蝦夷鐵馬會からは、スイカやトウキビ、ソフトドリンクの提供をさせて頂きました。
参加者の皆様からもジンギスカン、焼肉、大量の酒やツマミ、お菓子などと共に、恒例のジャンケン大会の景品が持ち寄られ、常連・初参加に関係なく、集まった皆様が和気藹々と語り合い、ジャンケン大会で盛り上がりました。

参加者の皆様と楽しい時間を共有出来た事が、私達実行委員の何よりの励みとなります。

また、今年のパレードランでは、北海道警察函館方面本部交通機動隊より、2名の白バイ隊員に参加して頂けました。
私たち実行委員の活動はちっぽけですが、参加者の皆様の交通安全にかける思いが加わり、大きな力となった結果、行政を動かす事が出来たのだと思います。
沿道で手を降って下さった沢山の町民の方々にも、喜んで頂けたことと思います。
普段なら滅多に経験できない白バイ隊員との交流、白バイに跨っての写真撮影、また、白バイ隊員の超絶テクニックの披露など、
北海道警察函館方面本部機動隊の皆様のご協力にも感謝申し上げる次第です。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


私達バイク乗りは、その殆どがドライバーとしてクルマを運転する者でもあります。
私はここ数年、皆様への挨拶として
『オートバイに乗る以上、事故のリスクは常に付きまとうが、オートバイという素晴らしい趣味を途中で終わらせる事無く、次の世代へと伝え行く事は、私たちに課せられた責任であり、よって我々バイク乗りは決してオートバイの事故で死んではならない』
といった趣旨の事を述べさせて頂いております。

今回は、オートバイの特性を知る私達が、公道で共存せざるを得ないドライバー達へ啓蒙していくことで、クルマ対オートバイの事故を減らせる可能性がある事を皆様にお伝えしました。

私達は、オートバイという乗り物が持つ素晴らしい面、オートバイという乗り物が持つ魔性の面、オートバイという乗り物が持つ危険な面を、次の世代のバイク乗りに正しく伝えていく事が、課せられた義務だと考えます。
全てのライダーが、ライダーズミーティングin寿都が標榜する「交通安全」という趣旨を今一度噛み締め、吟味してオートバイという素晴らしい趣味を、次の世代に伝えて頂けるよう願っております。


「ライダーズミーティングin寿都」参加者の皆様と、ご支援、ご協力を頂いた皆様に、改めてお礼を申し上げます。

次回、第22回目のライダーズミーティングは、2016年8月6日~7日の予定です。
また、皆様とあの風車の下でお会いできる事を願って止みません。


片岡春雄町長をはじめとする寿都町有志の皆様、ならびに宮沢豊本部長をはじめとする北海道警察函館方面本部並びに寿都警察署の皆様、毎年多大な支援をして下さっている寿都温泉ゆべつの湯様、道の駅みなとまーれ寿都を始め、近隣町村の道の駅様、そして寿都町民の皆様につきましては、今年も多大なるご尽力を頂きました事を、心より感謝しお礼申し上げる次第です。


ありがとうございました。


092_convert_20150811005541.jpg
スポンサーサイト



テーマ : ライダーズミーティング
ジャンル : 車・バイク

「第21回ライダーズミーティング in 寿都

2015年8月8日~8月9日、「第21回ライダーズミーティング in 寿都」を開催致します。
実施概要はこちらです。

https://sites.google.com/site/ridersmeeting/21th/20th_info

Facebookコミュニティはこちら。

https://www.facebook.com/Raidazumitinguinsuttu


ライダーズミーティングin寿都は、
① 全てのバイク乗りへの安全運転の呼び掛けと意識の高揚
② 北海道を走るバイク乗り同士の交流
③次の世代のライダー達へ北海道の原風景の引き継ぎ
④ 事故に遭わない為の情報交換
の4つを開催の趣旨としております。

平成26年のバイクによる交通事故での死者数は、全国697人。前年より63人減少しました。ですが、昨今、オートバイによる死亡事故が増加傾向であるとの報道も目にします。

私たちバイク乗りにとって、スピードを出さない事が、追い越しを掛けない事が、「安全運転」なのでしょうか?
乗用車やトラック、自転車。他の車輛と混走せざるを得ない現状で、交通法規を守って走行すれば、自らの安全を確保して走る事が可能でしょうか?

バイク乗りがどれほど順法精神を以って走っても、路上には自分以外の人が存在する以上、交通事故が発生する可能性を常に内包しています。

私たちバイク乗りは、バイクで走る事で、バイク乗り同士の独特な連帯感を持っています。
ならば、1年に1回だけでも、真剣に「交通安全」「安全な走行」について考え、話し合い、自らが経験した危険な体験と、それに対してどの様に対処したかを誰かに伝え、誰かが経験した危険な体験、それに対してどの様に対処したかを聞いて、他人の経験を自らのものとする事で、バイクによる死亡交通事故を1件でも減らす事が出来るかもしれないと、私たちは考えています。
私達の考えに賛同して頂ける方、違う考えをお持ちの方、一人でも多くのバイク乗りに参加して頂き、「安全な走行」について話し合って頂ける事を、心より願っております。

ライダーズミーティングin寿都を過去20回も開催できたのは、片岡春雄町長を始めとする寿都町有志の皆様、寿都警察署の尾﨑 貢署長を始めとする寿都警察署の皆様、毎年快く開催場所を提供して下さる「寿都温泉ゆべつの湯」様ほか、寿都町の皆様の多大で無償の協力の賜であり、この場を借りて、改めて御礼申し上げると共に、同じく惜しむことなく無償の協力をして頂いている、参加者の皆様へ、心より感謝申し上げます。

なお、今回も例年同様、交通遺児育成基金への寄付を募ります。
皆さまからお預かりした浄財は、北海道交通安全推進委員会を通じて、交通遺児の皆様の奨学金として活用されます。
昨年、「ライダーズミーティングin寿都」に参加された皆様からの寄付に対しまして、北海道交通安全推進委員会より、感謝状を頂戴致しました事も、この場をお借りして御報告させて頂きます。

自分達の走る場所、多くのライダーが憧れ、愛する北海道が、ライダーにとってより魅力的で、安全に走れるサンクチュアリであり続ける事を願って止みません。

テーマ : ライダーズミーティング
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

ぢょぬぃ

Author:ぢょぬぃ
蝦夷鐵馬會のぢょぬぃです。
北海道は札幌市近郊の田舎町から、超不定期更新で気の向くままにいい加減な内容を発信しております。
どうぞヨロシク。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1018位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
481位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
ぽちっとな

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR