FC2ブログ

第19回ライダーズミーティングin寿都終了報告

2013年8月10日~11日、寿都町湯別にて 「19th ライダーズミーティング in 寿都」を開催し、無事に終了致しました事を、ライダーズミーティングin寿都を支えて下さる参加者及び寿都町、寿都警察署関係者、ご協賛頂いた㈱イーグルジャパン様、㈲ズーム様、カスタムショップSICK様、株式会社光生舎モータース様へこの場を借りてご報告致します。


今年は、応募要項の変更や、前日まで雨の予報だったにも関わらず、50名以上の参加者が集まって下さいました。
また、今年もわざわざ仕事の折り合いをつけて参加して下さった方や、仕事を終えてから急遽駆け付けて下さった方も多く、参加者の皆様には感謝の気持で一杯です。


前夜祭は昨年以上に豪勢な食材を取り揃える事ができたと自負しております。
寿都町ご自慢の活ホタテは例年にも増して大好評でした。
私自身、あれほど大きなホタテを見たのは生まれて初めてかも知れません。
他にも大量のウニ、白貝、イカの一夜干し、ホッケの開きなど、寿都町の豪華な海の幸に加え、今年も蝦夷鐵馬會から、インド洋産のマグロのカマが20kgの他に、メンバー個人から焼肉20kg、参加者の皆様からもジンギスカン、焼肉、酒やツマミ、お菓子など大量にご提供いただき、他にも恒例となったジャンケン大会の景品として、本皮革ウエストポーチやライディングパンツ、バイクパーツ等が持ち寄られ、毎年ジャンケン大会を仕切っていただいている國光さんの軽妙なトークと相まって、たいへん盛り上がった前夜祭となりました。
今年も常連・初参加に関係なく、集まった皆様が和気藹々と語り合い、初対面でも10年来の友の様に親交を深めあっていました。

ライダーズミーティングin寿都は、ライダーが単独、チーム、家族連れの差なく参加でき、また、女性ライダーでもが単独でも宿泊装備なしで安心して参加出来るミーティングを標榜してきました。
我々バイク乗りは、たとえ初対面であっても「バイク」という共通言語を以て親しくなることができます。
逆に言えば、自ら仲間として飛び込むことが出来なければ、楽しみ方も半減してしまいます。
この様なイベントの楽しみ方は人それぞれですが、自ら飛び込む事をせず、相手から何かしてもらえると思っているのなら参加する意味がありません。
ライダーズミーティングin寿都は、参加者の皆さんが自発的、積極的にミーテイングに関わり、創り上げてきたイベントです。「何もしてもらえない 」と感じたなら、来年は「何をして楽しむか」を考えてリベンジ参加していただきたいと思います。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

私はここ数年、皆様への挨拶として
『オートバイに乗る以上、事故のリスクは常に付きまとうが、オートバイという素晴らしい趣味を途中で終わらせる事無く、次の世代へと伝え行く事は、私たちに課せられた責任であり、よって我々バイク乗りは決してオートバイの事故で死んではならない』
といった趣旨の事を述べさせて頂いております。


第19回の開催告知をした際、昨年初参加された方から「今年も是非参加したい」旨の連絡を頂きました。
ですが、今年、その方は参加されませんでした。いや、正確には参加することができませんでした。
何故なら今この瞬間も、病院のベッドで意識を失ったままだからです。

かく言う私も、昨年、ライダーズミーティングin寿都が終わった数日後、OFF車で転倒し全身打撲、数カ所の骨折というケガを負いました。

私達バイク乗りは、オートバイという素晴らしい趣味を、次の世代に伝えていく事も大切な役目だと考えます。
次の世代に伝えていく責任があると言い換えても良いでしょう。
全てのライダーが、ライダーズミーティングin寿都が標榜する「交通安全」という趣旨を今一度噛み締め、吟味してオートバイという素晴らしい趣味を後世へ伝えて頂けるよう願っております。


「ライダーズミーティングin寿都」参加者の皆様と、ご支援、ご協力を頂いた皆様に、改めてお礼を申し上げます。

来年、ライダーズミーティングin寿都は、記念すべき第20回を迎えます。
第20回は、2014年8月9日~10日の予定です。
また、皆様とお会いできる事を願って止みません。


なお、片岡春雄町長をはじめとする「寿都町」の皆様、ならびに渡辺署長をはじめとする「寿都警察署」の皆様、無償で多大な支援をして下さっている「寿都温泉ゆべつの湯」様、「道の駅みなとまーれ寿都」を始め、近隣町村の道の駅様、そして寿都町民の皆様につきましては、今年も多大なるご尽力を頂きました事を、心より感謝しお礼申し上げる次第です。


ありがとうございました。



最後まで読んでくれた方は、
ついでにポチッとお願い致します⇒⇒⇒FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト



テーマ : ライダーズミーティング
ジャンル : 車・バイク

第19回 ライダーズミーティング in 寿都

 2013年8月10日~8月11日、「第19回ライダーズミーティング in 寿都」を開催致します。




ライダーズミーティングin寿都は、ライダーが家族連れで気軽に参加出来るミーティング、また、女性ライダーが1人でも、また、宿泊装備なしでも安心して宿泊ツーリング出来る、他に類を見ないミーティングです。

このようなミーティングを過去18回も実現してこれたのは、寿都町の片岡春雄町長を始めとする寿都町有志の皆様、寿都警察署の皆様、毎年快く開催場所を提供して下さる「寿都温泉ゆべつの湯」様ほか、寿都町の皆様の多大で無償の協力の賜であり、この場を借りて、改めて御礼申し上げると共に、同じく惜しむことなく無償の協力をして頂いている、参加者の皆様へ、心より感謝申し上げます。

今年も交通遺児育成のための募金活動を行いますので、ご協力をお願い致します。
皆さまからお預かりした浄財は、北海道交通安全推進委員会を通じて、交通遺児の皆様の奨学金として活用されます。
昨年の皆さま方からの寄付に対して、北海道交通安全推進委員会より感謝状を頂戴致しました事も、この場をお借りして御報告させて頂きます。
                        

さて、毎年私たち「ライダーズミーティングin寿都」実行委員は、
① 全てのバイク乗りへの交通安全の呼び掛けと意識の高揚 
② 北海道を走るバイク乗り同士の交流と情報交換 
③ 北海道の原風景を次の世代のライダー達へ 
の3つを趣旨として掲げてきました。


そして一昨年からは上記に加え、
④我々バイク乗りは、バイクで死んではならない
という一文を付け加えるに至りました。 
残念な事に、日本中のライダーから「バイク天国」と表現されるここ北海道も、オートバイによる死亡事故は毎年発生しております。
バイクという乗り物が持つ魔性の部分を、私たちは否定するものではありません。
ですが、1年に1回だけでも、真剣に「交通安全」について考える日があっても良いのではないかと私たちは考えます。 
私達の考えに賛同して頂ける方に、一人でも多く参加して頂き、私たちの思いを受け取って頂ける事を、心より願っております。
 
自分達の走る場所、多くのライダーが憧れ、愛する北海道が、ライダーにとってより魅力的で、安全に走れるサンクチュアリであり続ける事を願って止みません。 



第19回 ライダーズミーティング in 寿都へ参加される方は、その旨を

公式サイト ライダーズミーティングin寿都
https://sites.google.com/site/ridersmeeting/19th
フェイスブックの公式ページhttps://www.facebook.com/Raidazumitinguinsuttu
もしくはこのブログのコメント欄でお知らせ下さい。




 

プロフィール

ぢょぬぃ

Author:ぢょぬぃ
蝦夷鐵馬會のぢょぬぃです。
北海道は札幌市近郊の田舎町から、超不定期更新で気の向くままにいい加減な内容を発信しております。
どうぞヨロシク。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
684位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
ぽちっとな

FC2Blog Ranking

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR